現在日本滞在中!

【観光】ワインファンにはたまらない!?マタカナエリアでワイナリーをめぐる

オマハ_ヴィンヤード_OBV オークランド

ニュージーランド産のワインを飲んだことはありますか?

小さな国でありながら、近年ワイン産業で注目を集めているニュージーランドには、ホークス・ベイやセントラル・オタゴ、カンタベリーなど、有名な産地がたくさんあります

時期などにもよりますが、ワイナリーではテイスティング(試飲)をさせてくれる所も。

今回は、マタカナエリアから車で行ける「オマハ・ベイ・ヴィンヤード(Omaha Bay Vineyard)」を紹介します!

スポンサーリンク

マタカナエリアについて

オマハ_マタカナ

マタカナのファーマーズ・マーケット

オークランド市内中心部から車で約1時間ほどの場所にある「マタカナ」エリア。「マタカナ・ビレッジ」では毎週土曜日の午前中、ファーマーズ・マーケットが開催されます。

オーガニック食材をはじめ、マヌカハニーやオイスターなど、ニュージーランドならではの商品がずらり。クレープやガレット、スイーツなども売っています。

いまやオークランド市内から1時間半~2時間ほどかければバスで行くこともできるので(乗り換えあり)、車がなくても大丈夫です。

ちょっと田舎の、アイコニックな「ザ・海外のマーケット」に行ってみたい人におすすめ!

オマハ・ベイ・ヴィンヤード

OBV_入口

「オマハ・ベイ・ヴィンヤード(OBV)」の入口

プライベート・ブランドを展開している「オマハ・ベイ・ヴィンヤード(以下OBV)」。OBVでは、こんなことができちゃうんです!

テイスティング

まず、ワイナリーやヴィンヤードを訪ねるときの醍醐味といえば「テイスティング(試飲)」。

OBVでは、5種類のワインを10ドルで試飲させてくれます。これが1種類につき結構たっぷりと注いでくれるのでお得感抜群!

車で来ていてあまり飲めないという人は、友達のテイスティングを少しずつ分けてもらうのも良いかもしれませんね。

オマハ_PB

OBVの商品

カウンターでスタッフが商品についてそれぞれ細かく説明をしてくれます。なお、テイスティングのみの場合は予約なしでOK!(※1)思い立ったら立ち寄れるのがうれしいところ。

白も赤もどちらも大満足のクオリティーです。

(※1)日程などによって異なる可能性があるので、各自要チェック。

写真撮影もOKのホスピタリティー

ワインのテイスティングが終わると、「店内は自由に写真撮影してくれていいからね! 良い思い出を作ってね!」とわざわざ言ってくれるカスタマーサービスの素晴らしさ。

聞いて「駄目」と言われることはどこのワイナリーでもまずありませんが、あえてスタッフの方から言ってくれるというのは観光客慣れしている証拠ですね。

ワイン_樽

ワイン樽

昔ながらのワイン樽。

確かに写真撮影スポットとしてはうってつけの光景です。これをブログやインスタグラム、フェイスブックに載せると(うまく撮れれば)写真映えすること間違いなし!

OBVグッズも手に入る!

ここでしか手に入らないお土産としてぜひおすすめしたいのは、OBV独自で作っているオリジナルグッズ

オマハ_キャップ

OBVのオリジナルキャップ

シンプルなオリジナルキャップ。

ほかにも、Tシャツやマグカップなどさまざまな商品を店内で展開しているのが印象的でした。

ニュージーランドではどこの地域に行っても土産物屋にある物は似たり寄ったりだったりするのですが、これは紛れもなくオークランドの、しかもマタカナエリアの、さらにはOBVでしか手に入らない貴重な商品です。

フィンガーフードと一緒に

予約をすれば、ワインと一緒に簡単な食事をいただくことができるのもOBVの魅力の一つ(時期により異なる)。

オリーブやチョコレートの盛り合わせ、チーズの盛り合わせにパンなどを中心に、ワインと相性の良いフードメニューを提供してくれます。

テラス席からヴィンヤードが一望できるのも◎。風通しも良く、テラス席で頬に心地良い風を感じながらワイングラスを傾ける。そんな休日の午後を過ごせば、まるで映画のヒロインになったかのような気分が味わえますよ!

OBV_ヴィンヤード

ヴィンヤードの様子(駐車場から)

広大な敷地に、ブドウの木。

旬の季節にはもっときれいな光景を拝むことができますよ!

まとめ:念のため電話確認を!

金、土、日と主に週末のみのオープンとなっている「オマハ・ベイ・ヴィンヤード」ですが、そのワインのクオリティーから時期によってはとても忙しいとのこと。

テイスティングのみの場合は予約不要ですが、念のため電話確認してみることをおすすめします。

「Do you need to make a reservation for tasting on 〇〇(日程)?」

観光の際は、ぜひオークランドから少し郊外まで足を伸ばしてみませんか?

▼基本情報▼
名称:Omaha Bay Vineyard
住所:169 Takatu Road, Matakana
営業時間:11:00~17:00(金、土、日)
Web:Omaha Bay Vineyard

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事:

今流行りのオーガニック商品なら「Matakana Farmers' Market」へ
近年、日本でも大流行している健康志向の人にはうれしいオーガニック商品。オーガニック大国でもあるニュージーランドでは、そんな商品や食材を扱ったマーケットがたくさんあります。マタカナ・ファーマーズ・マーケットもそのうちの一つ。オークランドから日帰りできるので、ドライブがてら行ってみませんか?
小旅行におすすめ!マリンスポーツが楽しめる「ゴート・アイランド海洋保護区」
イースターが始まりましたね。この4連休は何をするのでしょうか? なんだかんだでまだ決まっていないという人は、オークランドから日帰りで行ける「ゴート・アイランド海洋保護区」がおすすめ。自然が楽しめるだけでなく、さまざまなマリンスポーツにも挑戦できますよ!
北島に生息するカウリの巨木を見るなら「Parry Kauri Park」
ニュージーランド北島の、さらに北部でしか見られない固有植物「カウリ・ツリー(Kauri)」を知っていますか?オークランドから日帰りで行けるワークワースエリアの近くには、樹齢800年の巨大カウリ・ツリーを見学できる「パリー・カウリ・パーク(Parry Kauri Park)」があります。

 

Twitter でMocha(モカ)をフォローしよう!

タイトルとURLをコピーしました