現在日本滞在中!

【観光】行かなきゃ損!?自然保護区で固有種が見られる「Zealandia」【ウェリントン】

ジーランディア_自然保護区_ウェリントン 北島

「風の街」「カフェの街」「映画の街」とさまざまな異名を持つニュージーランドの首都・ウェリントン(Wellington)。オークランドに次いで第2の都市と言われていますが、やはりニュージーランド、車がないと観光には不便!

でもひとり旅やバジェット旅だったりすると、毎回レンタカーを借りるのはなかなか難しいですよね。

今回は、車がなくても行けるウェリントン屈指の人気観光地「ジーランディア(Zealandia)」の魅力をお伝えします!

(2019年8月時点)

スポンサーリンク

野生動物と出合える「Zealandia」

ジーランディア_ウェリントン

ウェリントン中心部からケーブルカーに乗り、山頂の駅からさらにシャトルバスに乗り換えれば簡単に行くことができる「ジーランディア(Zealandia)」はエコサンクチュアリー、つまり、ニュージーランドの固有種を保護・飼育するために造られた施設です。

そんなわけで、外ではめったに出合うことができない固有種の鳥や虫などをほとんど野生の状態で見学することができます。

例えばこちら。

  • カカ(Kākā)

カカ_ニュージーランド_鳥

  • タカへ(Takahē)

タカへ_ニュージーランド_鳥

モカ
モカ

でも見たところで名前とかも詳しくないしなあ…。

それも心配ご無用!

サンクチュアリーの敷地内に足を踏み入れる前の受付で、どんな動物と、敷地内のどこで出合えるかが分かるマップをもらうことができるんです。

ジーランディア_マップ

中には動きが素早い鳥がいたりもして、カメラで追い掛けるのはなかなか至難の業です。

イメージ画像と名前の下には、その動物の特徴が書いてあるので、勉強にもなりますね。ニュージーランドならではの固有種について学びたいという人にはぴったりの施設です。

この日は「タカヘ(上記写真参照)」がなかなか見つからず、マップに記載されたエリア周辺をうろうろしていたところ、前方から歩いてきた男の人に「あっちに2羽ぐらいいたと思うよ!」と教えてもらいました。

すると、タカヘがいる(であろう)辺りに人だかり。

初対面の人たちがそろって「わ、タカヘだ!」「しーっ。写真だけ撮って帰ろう…」「初めて見たー」と会話しているのを見て、なんだか微笑ましく感じられました。

全く知らない人とも隣同士になっただけで笑い合える、そんな素敵なニュージーランド

▼基本情報▼
名称:Zealandia
住所:53 Waiapu Road, Karori, Wellington
開園時間:9:00am~5:00pm(最終入園:4:00pm)
料金:一般入場$21
Web:Zealandia

行き方

ウェリントン_ジーランディア

ジーランディアに行くには、無料シャトルバスを利用します

① 市内から(Wakefield St.ピックアップ)
② ケーブルカー山頂の駅から

ピックアップ場所は、このどちらか。

無料シャトルバスについての詳細はこちらから! 手間がかからないのは市内ピックアップかと思いますが、せっかくウェリントン観光をするのですから、おすすめは断然ケーブルカーを利用すること。

ウェリントン_ケーブルカー

ニュージーランドの情報を調べていると、これに近い写真が出てくることはありませんか?

ウェリントンのアイコン的存在とも言える、真っ赤なケーブルカーです

ウェリントン市内中心部に位置するラムトン・キー(Lambton Quay)駅~ケルバーン(Kelburn)駅を毎日運航しているケーブルカーに乗って、5~10分。トンネルを通るたびに見えるライト・ショーはちょっとしたアトラクションのようで心が躍ります。

ウェブサイトは日本語表記もありますので、英語に自信がない人でも安心ですね!

シャトルバスは、ケーブルカーの山頂にあるケルバーン駅の目の前から出発しています。駅を出て左手にバス停があるので、見逃す心配はありませんよ!

もしくは、ケルバーン駅からジーランディアまでは徒歩たったの20~30分程度。軽いエクササイズとして歩いて行ってみるもの良いかもしれませんね。

また、ケルバーン駅はウェリントン植物園(Wellington Botanic Garden)と隣接していますので、行きはケーブルカー、帰りはウェリントン植物園を散策しながら市内まで徒歩で下るという方法もおすすめです。

まとめ:ジーランディアで癒やしのひと時

さすがほぼ野生の状態で保護・飼育しているというだけあって、園内はまさに自然そのもの! 歩いているだけで気持ちがリフレッシュできますよ。

友達や家族と来るのはもちろん、ひとりで頭をスッキリさせたいときに立ち寄ってみるのはいかがでしょうか?

動物たちが毎回違う顔を見せてくれるので、きっとハマるはず!

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事:

キーウィにミーアキャット!オークランド観光で一日中楽しめる「Auckland Zoo」
オークランド屈指の観光スポットの一つでありながら、オークランド在住だとなかなか足が向かない場所。 それが、「オークランド動物園(Auckland Zo...
【動物】ニュージーランドと言えば!フルーツだけではない国鳥「Kiwi」の生態
皆さんは、「キーウィ(Kiwi)」と言えば何をイメージしますか? 現地で暮らしている人たちにとっては当然の知識かもしれませんが、ニュージーランドで「キ...
【海外・国内】ひとり旅が好きな個人的すぎる10の理由【注意点】
突然ですが、私は海外・国内問わず、ひとりで旅行に行くのが好きです。 1日の日帰り旅行はもちろん、1カ月であろうとそれ以上であろうと、思い立ったらとりあ...

 

Twitter でMocha(モカ)をフォローしよう!

タイトルとURLをコピーしました