【フェリー】オークランド、ウェリントン、そして南島へ。【予約方法解説】

フェリー_南島_北島 記事 (NZ)

クイーンズタウンはじめ、クライストチャーチやブラフ、インバーカーギルなどの有名都市があったりと、ニュージーランド国内屈指の人気観光地が点在している南島。

特に冬はスキーやスノーボードといったウィンタースポーツが楽しめるということで、観光客の数もグッと増えます。さらに、夏は夏でさまざまなアクティビティーが満喫できるとあってピークシーズン。

北島から南島に渡るとき、実は飛行機以外の方法があるということを知っていましたか?

南島に行くにはフェリー

フェリー_南島

北島から車で南島への旅を楽しみたいという人、あるいはバスをメインで利用したいという人におすすめなのが、フェリーに乗るという方法。

ウェリントンのフェリーターミナルと南島の玄関口と言われているピクトン(Picton)を結ぶフェリーに乗れば、3時間ほどの船旅で南島に到着します。

運行しているのは次の2社。

  • Interislander(インターアイランダー)
  • Bluebridge(ブルーブリッジ)

個人的にはこの2社に大きな差は感じませんので、発着の時間帯などにより選ぶと良いかもしれません。ただ、印象としては若干ブルーブリッジの方が安めの価格設定をしている印象です。

もちろん時期などにより価格は大きく変動しますので、しっかりとチェックするようにしましょう!

モカ
モカ

場合によっては飛行機の方が安かったりもするよ!

インターアイランダーの予約

インターアイランダー

トップページはこんな感じ。

雄大な景色を背景に、「ここを自分も通るのか~!」と思うだけですでにちょっぴり楽しい。同ページから予約することができるので、まずは「Book Your Journey」と表記してあるカ所の下に注目しましょう。

日程や人数などを設定する

インターアイランダー_予約

  • From:出発場所(ウェリントンorピクトン)
  • To:到着場所(ウェリントンorピクトン)
  • Leave:出発日程(ここで片道or往復を選ぶことも)
  • Return:戻ってくる日程(上記で片道にした場合、選ぶ必要なし)
  • Travellers:乗船人数
  • Vehicle:乗船する乗り物の種類(No vehicleの選択肢も)
    ⇒ 車を選択すると「Towing(けん引)」の項目が出てきますので、トレイラーやキャラバンを引っ張っていく人はそれぞれ該当箇所にチェックを付けましょう。

全て選択し終えたら、「Search Fares」をクリック!

時間と金額をチェック

予約方法_インターアイランダー

出発時間(Departs)と到着時間(Arrives)、そして金額を確認して、好きなカ所にチェックを入れます。

  • Web Saver(Non Refundable):一番安いが、返金は一切なし。
  • Saver Change(50% Refundable):日程変更をする際の差額が、50%までなら返金される。
  • Easy Change(100% Refundable):日程変更をする際の差額が、100%返金される。

合計金額をチェックして間違いがなかったら、「Continue」をクリック!

注意点:◎日程変更をした際に追加料金となる場合もあるので要注意!
◎日程変更希望の場合でも、空席状況によっては変更不可になることも。

贅沢な船旅?or 価格重視?

贅沢_船旅

ワーホリや留学などでバジェット旅を心がけている人はあまり興味をそそられないかもしれませんが、たった3時間の船旅と言えど贅沢な体験がしたいという人は、この「Relax In Superior Comfort」がおすすめ。

元の料金に55ドルをプラスすると、無料の食べ物や飲み物(アルコール含む)などが付いてきます。

このオプションを選ぶ場合はチェックボックスをクリック、いらないという人はチェックボックスを空欄のままにしてそのまま進みましょう。

基本情報の記入

基本情報_インターアイランダー

次のページでは、基本情報の入力。

モカ
モカ

ここまで来たらほぼ完了!

名前や連絡先などを記入し、次のページでクレジットカード情報を入力すればOKです! 予約確認のメールが送られてきているはずですので、忘れずにチェックするようにしましょう。

ブルーブリッジの予約

ブルーブリッジ

続いてはブルーブリッジの予約方法について。

とは言っても、ほとんどインターアイランダーと同じですので難しい操作は一つもありません。

発着場所・日程を選ぶ

ブルーブリッジ_発着日程

インターアイランダーと全く同じ。

この画面で発着地点と片道(or往復)、発着日程を選ぶと、下に予約人数や乗り物の種類などを選ぶ項目が現れます。

乗り物の種類において「車(Car)」を選ぶと「長さ(Length in metres)」を指定しなければなりませんが、普通車であれば大体初期設定の「5メートル」で大丈夫です。

時間を選択

画面_ブルーブリッジ

時間と金額の兼ね合いを見て、自分に合ったプランを選びましょう。

3時間ほどの乗船時間とはいえ、「少しでも眠りたい!」という人は午前2時半発の深夜便があったりもします。また、「Cabin Accommodation」を選べば、1人部屋(30ドル)~の個室を用意してもらうことも。

それぞれの部屋にはシャワー室が付いているそうです。

車種情報入力

フェリー_ブルーブリッジ

続いて、一緒に乗り込む車の情報(車種&登録情報)と名前を記入します。

ここまで来たら、あと一息! 次のページで個人情報と支払い情報を入力したら、予約完了です。お疲れ様でした!

当日になったら

ロビー_フェリー_南島

当日の流れとしてはほとんど飛行機に乗るときと同じなので、海外旅行経験者、あるいはすでにニュージーランドに渡航済みの人にとっては難しくはないと思います。

カウンターに行って、チェックインをするだけ

写真はインターアイランダーの待合室(ロビー)です。サンドイッチや水など、軽食類でしたら購入可能ですので、3時間の乗船中に朝食を食べたいという人は買っておいてもいいかもしれませんね!

インターアイランダーとブルーブリッジではフェリーターミナルの場所が違いますので、要注意!

  • インターアイランダー

▼基本情報▼
住所:Wellington Ferry Terminal 1 Aotea Quay, Pipitea, Wellington
Web:Interislander
  • ブルーブリッジ

▼基本情報▼
住所:50 Waterloo Quay, Pipitea, Wellington
Web:Bluebridge

まとめ:ラウンドにぴったり!

ニュージーランドに滞在している人の中には、北島~南島まで、車を使ってラウンドしようと思う人も少なくないことかと思います。

そんなときは、ウェリントン~ピクトンを結ぶフェリーを利用してみてはいかがでしょうか?

天気の良い日には外に出て、デッキから外を眺めてみてください。流れゆく雄大な景色に、心奪われること間違いなしですよ!

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事:

【海外旅行】レンタカーで旅をするならリロケーションシステムが一番【格安】
物価の高いニュージーランドでレンタカーを借りようと思うと出費がなかなか痛いことに…。そんな経験、ありませんか?今回は、お得に車を借りてドライブができるリロケーションシステムについてご紹介します!
【格安】ウェリントン旅行で費用を抑えたい!おすすめの宿泊施設【ホステル】
予算に限りがある旅をしているときの一番の問題といえば「宿泊施設」。特に観光地ともなればそれなりにかかるのが一般的ですよね。今回は、ニュージーランドの首都・ウェリントンを訪れた時に「素晴らしい!」と感じたおすすめの格安バックパッカー(ホステル)をご紹介します。
英語でコミュニケーション!海外旅行で役に立つ英語フレーズ①
英語ができなくてもこれだけ話せれば旅行ができる!どんどん海外に出て、新しい知識や経験を培いましょう!

 

Twitter でMocha(モカ)をフォローしよう!

コメント


タイトルとURLをコピーしました