現在日本滞在中!

世界を変えたスピーチから英語を学ぶ④Barack Obama【前編】

オバマ_大統領_スピーチ 英語学習
スポンサーリンク

2016年5月27日、オバマ元大統領が広島市にある平和記念公園へと足を運びました。

原爆死没者慰霊碑に献花するためです。同時に英語での演説も行いましたが、きっとそれぞれ感じること、思うことがあると思います。

まずは英語を少しずつ読み解いて、オバマ元大統領が日本に、そして全世界に発信したメッセージが一体どんなものだったのかを理解していきましょう。

スポンサーリンク

偉人スピーチから学ぶ英語

広島_戦争

戦争に関してのスピーチなのでなかなかセンシティブな話題にはなりますが、終戦から時が経ち、当時の話を語れる人が次第に少なくなってきている今の時代でも、変わらず覚えていなければならないことがあると思うのです。

※なお、翻訳が分かりにくい場合がありますが、ご了承ください。

unleashed / the not so distant past

Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed.

71年前の雲一つない明るい朝、空から死が落ち、世界が変わりました。

A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

閃光と火の壁が街を破壊し、人類が自らを破壊する術を持っているということを示したのです。

Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force unleashed in the not so distant past.

なぜ我々はここ、広島に来たのでしょう? 我々はそう遠くない過去に解き放たれた恐ろしい力に思いはせるため、来たのです。

We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans and a dozen Americans held prisoner.

亡くなった10万人を超える日本人の男性、女性、子どもたち、数多くの韓国人、そして12人のアメリカ人捕虜を含む死者を偲ぶため、やって来ました。

unleashed

▼ unleashed=解き放たれた

「leashed(つながれた)」の対義語。日本語では犬をつなぐ紐のことを「リード(lead)」と呼びますが、英語では「leash」と言うこともできます。「a leashed dog」で「ひもにつながれた犬」という意味。

the not so distant past

▼ the not so distant past=そう遠くない過去

これはイディオムでも何でもないのですが、notの使い方について。

日本の授業で習う英語だと、否定形の文では「I do not」や「I am not」など、決められた位置にnotが来ることがほとんどだと思います。

でも実は、意外と自由に置き場所を決められるのがこのnot。

基本的に、notはその後の文章を打ち消してくれる言葉です。なのでこの場合、「so distant past(かなり昔)」という言葉のみを否定しているということになります。

take stock of

Their souls speak to us. They ask us to look inward, take stock of who we are and what we might become.

彼らの魂が我々に語り掛けています。彼らは我々に内側を見るように、我々が何者で、何者になっていくのかをよく考えるようにと求めているのです。

take stock of

▼ take stock of=評価する、吟味する

「ストック」と聞くと、日本人としてはまず「在庫」という単語を思い浮かべてしまいますが、文脈によっては上記のような意味になるので要注意。もちろん「棚卸をする」など、私たちが思い浮かべる「ストック」と同じ意味もあります。

set apart

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man.

広島が戦争を象徴するというのは事実ではありません。暴力的な衝突は人類が始まった頃からあったと、遺物が教えてくれています。

Our early ancestors, having learned to make blades from flint and spears from wood, used these tools not just for hunting but against their own kind.

燧石(すいせき)から刃を、木から槍を作ることを学んできた我々の先祖は、狩りをするためだけでなく、自分たち人類に対してもこれらの道具を使ったのです。

set apart

▼ set apart=分離する、際立たせる

「分離する」と「際立たせる」。一見全く異なる意味にも思えますが、「set(置く)」「apart(離れて)」ということを考えれば、なんとなくのニュアンスで掴めるかと思います。

離れた場所に置く、つまり目立つ。際立つ。ということですね。

モカ
モカ

I will start job hunting next month… But I’m not too confident to find one.
(来月就職活動を始めるの…でもちゃんと見付けられるか自信ないな)

友人A
友人A

You will be fine! Your design skill sets yourself apart from the competitors!
(大丈夫よ! あなたのデザインスキルがライバルたちから際立たせてくれるから)

こんな感じ。デザイン系の会社でも受けるのでしょうかね。

peoples / a countless toll

On every continent the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal.

どの大陸においても、食糧不足や富への渇望、民族主義者の熱狂や宗教的な熱情など原因にかかわらず、文明の歴史は戦争で満ち溢れています。

Empires have risen and fallen, peoples have been subjugated and liberated, and at each juncture innocents have suffered – a countless toll, their names forgotten by time.

帝国は勃興し、衰退ます。人々は征服され、解放されます。そしてそれぞれの節目で、数え切れない犠牲者や時間の経過と共に忘れ去られていく罪のない人たちが苦しんできたのです。

The World War that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations.

広島と長崎に凄惨な終末を与えたこの世界大戦は、裕福で力を持った国家の間で起きた争いです。

Their civilizations had given the world great cities and magnificent art.

文明は我々に、素晴らしい都市と雄大な芸術を与えてくれました。

peoples

▼ peoples=人々

モカ
モカ

ちょっとちょっと、スペルミスじゃない?

と思ったあなた! 一国の大統領がそんなことをするはずもありませんし、ましてや私のスペルミスでもありません。

「peoples」というのは立派な英単語。

a race, group or nationality.

(引用元:Definitions.net

英英辞書にも載っているとおり、民族やグループなどの集まりを「peoples」で表すことがあります。ただ、使用頻度はかなり低めです。特に日常会話などで使っているのは見たことない。

countless toll

▼ a countless toll=数え切れない犠牲者

「count(数える)」と「less(否定)」で「数え切れない」。そして「toll」には「通行料金」だけでなく「犠牲」や「損害」といった意味もあります。

モカ
モカ

海外で車を運転するとき、「toll road」という言葉が出てきたら「有料道路」ということですよ!

chronicle

Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth, and yet the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes, an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.

国の思想家たちは正義、調和、真実について、先進的な考えを持っていましたが、最も単純な民族同士の間で争いを引き起こした独占欲や征服欲と同じ衝動、そして新たな制限なしに、新たな能力によって増幅されたいつものパターンが戦争を生んだのです。

In the span of a few years, some 60 million people would die: men, women, children – no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death.

数年の間に、6000万人もの人々が亡くなりました。男性も女性も、子どもたちも。我々と何ひとつ変わらない人々が、撃たれ、殴られ、連行され、爆撃され、投獄され、飢え苦しみ、毒ガスを浴び、亡くなったのです。

There are many sites around the world that chronicle this war – memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps that echo of unspeakable depravity.

世界にはこの戦争を記録する場所がたくさんあります。勇気の物語を伝える記念館や、言い表せない悪がこだまする墓地や収容所が。

chronicle

▼ chronicle=記録する

これを聞いて漫画「ツバサ・クロニクル」を思い出してしまったのは私だけでしょうか。

この単語には名詞、動詞と両方の意味があり、名詞だと「年代記」。動詞だとそのまま「年代記に載せる」という意味になり、つまり「記録する」ということになります。

モカ
モカ

趣味が駄々洩れですね!

 mushroom cloud

Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity’s core contradiction; how the very spark that marks us as a species – our thoughts, our imagination, our language, our tool-making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will – those very things also give us the capacity for unmatched destruction.

しかしながら、空に放たれたキノコ雲の情景の中で、我々は人間の核にある矛盾を強く思い出させられます。人間を一つの種として際立たせるまさにその閃光 ― 我々の思考、想像、言語、道具作成、そして、我々自身を自然から切り離し、自分たちの意志に曲げる能力がまた、我々に比類なき破壊力を与えるのです。

How often does material advancement or social innovation blind us to this truth. How easily we learn to justify violence in the name of some higher cause.

どれほどの頻度で、物質的な進歩や社会的革新がこの真実に目隠しをしているでしょう。どれほど簡単に、高度な原因の名のもと、暴力を正当化することを覚えているでしょう。

mushroom cloud

▼ mushroom cloud=キノコ雲

日本人である私たちにとってはなんとも胸の痛くなる単語ですが、終戦の時期が近付くと海外のニュースでも頻繁に見かけるようになる言葉ですので覚えておきましょう。

何か聞かれたときに「知らない」と言わなくて済むように。

ever-more

Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness, and yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith as a license to kill.

全ての崇高な宗教は愛と平和、正義への道を教えてくれているにもかかわらず、どの宗教も殺しのライセンスとして真実を掲げる信者たちから逃げ切れた宗教はありません。

Nations arise, telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumarize those who are different.

国は、犠牲と協力の中で人々を束ねる物語を語りながら、特筆すべき偉業を成し遂げながら、興ります。しかし、これらの物語は、ほかとは違う人々を抑圧し、非人間化するために使われてきました。

Science allows us to communicate across the seas and fly above the clouds; to cure disease and understand the cosmos.

科学のおかげで我々は、海を越えて交流すること、そして上空を飛ぶこと、病を治すこと、宇宙を理解することができます。

But those same discoveries can be turned into ever-more efficient killing machines.

しかしこれら同様の発見は時に、今まで以上に効果的な殺人マシーンを生み出してしまうことがあるのです。

ever-more

▼ ever-more=今まで以上に

always in the future:

(引用元:Cambridge English Dictionary

「ever(今まで)」と「more(さらに)」の組み合わせなので、比較的単純な単語。また、「forever」の類義語として「永久に」という意味で用いられることもあります。

human institutions

The wars of the modern age teach this truth. Hiroshima teaches this truth.

近年の戦争がこの真実を教えてくれています。広島がこの真実を教えてくれているのです。

Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution, as well.

人間社会における同等の進歩がない技術的な進歩は時に、我々を破滅させます。原子の分裂につながった科学的な革命には、道徳革命も必要なのです。

This is why we come to this place. We stand here, in the middle of this city, and force ourselves to imagine the moment the bomb fell.

これが我々がこの場所に来た理由です。我々はここに、この街の真ん中に立ち、爆弾が落とされたその瞬間を想像するのです。

We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see. We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

我々はその出来事によって混乱した子どもたちの恐怖を感じなければなりません。我々は静かな鳴き声を聞くのです。我々は、この凄惨な戦争やその前にあった戦争、そしてそれに続く戦争の向こうで殺された多くの罪なき人々を偲びます。

human institutions

▼ human institutions=人間社会

話し言葉では見かける頻度が少ない単語。こういったスピーチなどではたまに出てくるので頭の片隅に置いておくのがベスト!

モカ
モカ

話し言葉だったらむしろ「human society」?

moral imagination

Mere words cannot give voice to such suffering, but we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.

ただの言葉ではそのような苦しみを言い表すことはできませんが、我々は歴史の目を真っ直ぐに見つめ、このような苦しみを再び起こさないためにどのような違う方法があるかを問うという責任を共有しています。

Someday the voices of the hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of August 6th, 1945 must never fade.

いつか証言する被爆者たちの声は我々のもとから去ってしまうでしょう。しかし、1945年8月6日朝の記憶が消えることはありません。

That memory allows us to fight complacency. It fuels our moral imagination. It allows us to change.

この記憶が我々を自己満足と闘わせてくれます。道徳的な想像を掻き立ててくれます。我々を、変わらせてくれるのです。

moral imagination

▼ moral imagination=道徳的想像

意味はそのまま。

相手が何を思い、何を感じていたのか。それって戦争のことだけにかかわらず、人としてとても大事なことですよね!

not only A, but B

And since that fateful day, we have made choices that give us hope. The United States and Japan forged not only an alliance, but a friendship that has won far more for our people than we could ever claim through war.

そして運命が変わったあの日から、我々は希望を与える選択をなしてきました。アメリカと日本は同盟国というだけでなく、戦争で失った人々よりはるかに多くの人たちの友情を構築しました。

The nations of Europe built a Union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy.

ヨーロッパの国々は、戦場を商業や民主主義の結び付きに置き換える連盟を造り上げました。

Oppressed peoples and nations won liberation.

抑圧された人々と国家は、解放されたのです。

An international community established institutions and treaties that worked to avoid war and aspire to restrict and roll back, and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.

国際的な社会は、戦争を防ぎ、核兵器を制限し、減少させ、最終的には存在を抹消するための機関や条約を作り出しました。

not only A, but B

▼ not only A, but B=AばかりでなくBも

モカ
モカ

やだ何これ学校で聞いたことある~!

という人も多いのではないでしょうか。

ちなみに「but」と「B」の間に「also」を入れてもOK。どちらが必ずしも正解ということはありません。

友人A
友人A

She speaks not only English, but also French!
(彼女は英語だけでなく、フランス語も話せるのよ!)

モカ
モカ

「also」入れた方がしっくりくる文章もあるよね!

まとめ:次回に続く!

というわけで、前回の「キング牧師」の時同様、1回では終わらなかったので次回に持ち越します。

オバマ元大統領と言うとどうしても、大統領就任演説の際の「Yes, we can!」という言葉が先行してしまいますが、当然のことながらほかにもたくさんの名スピーチを残しています。

歴史に残る数々の明言はやはり英語で読み解かなければならないものが多いので、英語を学んで、そのニュアンスを掴み取りましょう! 和訳で理解するのと、英語のまま落とし込むのとではまた印象が変わってくるかもしれませんよ。

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事:

世界を変えたスピーチから英語を学ぶ①Martin Luther King Jr.【前編】
英語でのプレゼンを控えている人、英語の語彙力を伸ばしたい人におすすめの勉強法は、偉人たちが行ってきた演説を聞き、理解すること! 本来はその時代背景なども勉強できればなお良しです。今回は、「I have a dream!(私には夢がある!)」で有名なマーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)から。
【IELTS】コツコツ派?それとも短期集中型?高校生でIELTS6.0取得!【英語学習】
海外(主にイギリス英語圏)で移住や留学を目的として渡航する場合、避けては通れない道。 それがIELTS(アイエルツ)受験です。 「IELTSとは...
【News de English】ニュースから学ぶ英語(3):first time in 〇〇 years
日々英語でニュースを読んだり知人と話していると、「ああ、こんな英語を日本で習うことができていたなら、きっと苦労も少なかったはずなのにな~」というようなことが...

 

Twitter でMocha(モカ)をフォローしよう!

タイトルとURLをコピーしました