現在日本滞在中!

【海外旅行】レンタカーで旅をするならリロケーションシステムが一番【格安】

記事 (NZ)
スポンサーリンク

ニュージーランドで旅行をしたり生活したりすることを考えたときに必要不可欠な存在といえば、車。

行動範囲を都市部だけに限定するのであれば徒歩、もしくはバスや電車などで十分かもしれませんが、都会を離れて自然を満喫したいという人には欠かせない交通手段です。

でもいざ車を購入するとなると、普段は都市部で生活している人にとっては高い維持費を払うのももったいないし、旅行のたびにレンタカーを借りるのも出費が痛い…。

そんなときにおすすめなのが、レンタカー会社が提供しているリロケーション(relocation)システムです。

スポンサーリンク

リロケーションとは?

「relocate」。

つまり、

to (cause a person or company to) move to a new place.

(出典:Cambridge Dictionary

「新しい場所に移動する(移動させる)」ということですが、文字通り車を移動させるためのシステムで、レンタカーをした人たちが乗り捨てられた車を元の支店まで運ぶことにより、店舗側は人員を増やす必要がなく、その分「安い料金設定で貸し出すよ!」とすることでレンタルする側も恩恵を受けられる、まさにWin-Winの素敵なシステムです。

ただ、上記の通りあくまでも元の店舗に戻すというのが条件なので、自分も乗り捨て必至状態になります。バックパッカーでラウンドをしているというような、節約しながら一方向に旅をしている人にはうってつけのディールです!


ディールを展開している会社

大手のレンタカー会社であれば、大体どこでもリロケーションシステムを展開しています。以下、ニュージーランドでは誰もが知っている代表企業。

個人的なおすすめは「GO RENTALS」。私もよくこちらのリロケーションディールを利用するのですが、場合によってはオークランド空港~オークランド市内のリロケーションがあったりして、乗り捨てというよりほとんど格安でただレンタルしただけというような感じです。

物価の高いニュージーランドではもちろんレンタカー代もなかなかのもの。

内容は随時変わるものですので、常に目を光らせてチェックしておくことをおすすめします!

借りるときの注意点

前述しましたが、リロケーションシステムは店舗側と利用者側がWin-Winの関係になってこそ成り立つものです。その分、条件があったり融通が効かない部分があったりはしますので、車を借りる前に確認しておくようにしましょう。

期間が定められている

まず、リロケーションを利用して借りた車は、何日以内に元の場所に返却しなければならないというルールがあります。今まで私が見てきた中だと、場所にもよりますが、大体は2~5日ほどの期間設定が多かったような気がします。

「格安で車を借りたから、ちょっと寄り道して行きたい場所は全部行くぞ!」と考えている人は、店舗側から指定された期間を過ぎないように注意しましょう。

レンタカー会社によっては日数の延長も可能(有料)。その場合は1日当たりの延長料金が表記されている、もしくは直接問い合わせてみるなどの方法があります。

場所が限られている

リロケーションでは指定された場所から場所への移動になりますので、出発(pick-up)と返却(drop-off)も必然的に大都市に集中しがちです。

期間と返却場所さえ守っていれば、その途中どこに立ち寄っても問題になることはありませんが、最終目的地が決められているというのはリロケーションならではの弱味かもしれませんね。ただ、それでも限られた予算の中で旅をしている人たちにはうれしいシステムであることに変わりません。

+αで費用がかかる

通常のレンタル料金と比べると格安で車が借りられる便利なリロケーションですが、ここで設定されている料金はあくまでも車本体のもの。ここにナビ(GPS)やチャイルドシート、保険などを付け足していくと、もちろん費用もかさんでいくことに。

私はここ1年のうちにレンタカーで2回もパンクを経験していますので、必ず保険は付けるようにしています。安全は買っておくべきですね。

また、当然ですがガソリン代も別途支払うことになりますので、「無料! 料金ゼロ!」というほどの安さに仕上がるわけではありません。

走行距離が決められている

上記のポイントに加え、中には可能走行距離が定められている場合もあります。オンラインで予約する人は、必ず希望する車のページに表記されているはず。ここのチェックを怠り制限を超えてしまうと、後々追加請求が来てびっくり! ということにもなりかねません。

私は基本的にレンタカーを借りるとなったらいろいろな場所に立ち寄りたい方なので、走行距離「無制限(Unlimited)」の車だけを選ぶようにしています。

オークランドからリロケーションで行ける場所

さて、リロケーションシステムに興味を持ってきましたか? 「旅行に行きたくなってきた!」という人は今すぐスケジュールをチェック! オークランド市内からリロケーションで行ける可能性のある場所は、こんなにあります(会社やウェブサイトによる)。

首都ウェリントン

オークランド市内から車で約8時間ほど。2人以上で旅行をする、あるいは1人でも途中で1泊してからウェリントンを目指すという人にぴったり。到着してから返却時間までに余裕があれば、ウェリントン周辺を車で観光できるのが魅力的です。

行きだけはリロケーションでドライブ、帰りはInterCityなどのバス会社を利用してオークランドまで、という方法もあります。

クイーンズタウン

まさかのびっくり、南島まで車の旅。ウェリントンからフェリーで島を渡るプランでは、船の乗車券代はレンタカー会社が持ってくれる場合もあります。もちろんその限りではないので、費用が気になる人は前もって確認しておくことをおすすめします。

なお、クイーンズタウン付近の道路は運転しているだけでとても気持ちが良いので、死ぬまでに一度は訪れるべきスポットとしてここに記しておきます(笑)

絶景と空気のおいしさ。「生きているなあ」と感じながらのドライブは最高です!

クライストチャーチ

ニュージーランドならではの自然と出合うなら、ガーデンシティーとも言われるクライストチャーチがベスト。市内から徒歩圏内にすでに大きな公園が広がり、瑞々しい緑や紅葉といった四季折々の顔を見せてくれます。

2011年に発生したカンタベリー地震から現在進行形で復興中のクライストチャーチ。次第に活気を取り戻しつつある街はいま、新しく生まれ変わろうとしています。

モカ
モカ

続々と建てられている新しいお店やビルなどは見応え抜群ですよ!

まとめ:自然満喫の旅ならレンタカーで!

長距離運行しているバスや電車での旅もいいですが、思う存分ニュージーランドならではの大自然を楽しむなら車が一番。

でもレンタカー代も馬鹿にならないし、ちゃんと運転できるかなあ…。

そう思う人も、ニュージーランドなら大丈夫。リロケーションシステムの利用で費用をカバー、さらにニュージーランドの道路は左通行なので一般的には日本と同じ感覚で運転していれば問題ありません。

今週末にはイースターホリデーがやって来ますので、リロケーションシステムを利用して小旅行に出かけてみてはいかがでしょうか?

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Twitter でMocha(モカ)をフォローしよう!

タイトルとURLをコピーしました