【日本文化】大人も子どももうれしい夏休み!お盆の意味を知っていますか?

お盆_意味 雑学

北半球にある日本はいま、夏真っ盛り。

ちょうど「お盆」と呼ばれるこの時期、子どもも大人も貴重な夏休みを謳歌している頃でしょうか。

モカ
モカ

夏休みなんてねーんだよ! という方はゴメンナサイ…。

やれ夏休みだやれ帰省だと言っていますが、このお盆という日本文化の意味や歴史を気にしたことはあるでしょうか? ちなみに私はありませんでした…。

そもそもお盆って?

お盆_日本文化

お盆とは、仏になった先祖があの世から里帰りをしてくる期間のことを指します。

この時期になるとキュウリやナスに割り箸が刺さった飾りを見かけるかもしれませんが、これは精霊馬(しょうりょううま)と言って、先祖がこの世に戻ってくるのに乗ってくるものです。

東京では7月中旬辺りにお盆が来たりしますが、地域によっては8月13日~16日となっています。

モカ
モカ

つまり、親戚だけじゃなくて先祖代々みんなで家族団らん! ってことよね!

実家から離れて暮らしている人は、年末年始同様、家族がそろう貴重な機会でもあるのではないでしょうか。

ちなみにお盆の風習は地域や宗派ごとに異なるので、一概に「コレ!」と一括りにすることはできません。

知りたいお盆のQ&A!

お盆_キュウリ

「お盆っていつからあるの?」「地域ごとの違いって?」など、お盆に関する疑問にQ&A方式でお答えしていきます。レッツ・一問一答!

Q. お盆っていつ始まったの?

A. お盆(正式名称「盂蘭盆会(うらぼんえ)」)が始まったのは、606年、推古天皇の時代だったと言われています。随分と昔からの風習なんですね。

Q. 一般的に浸透したのはいつ?

A. 江戸時代とのことです。かつて超高級品だったロウソクが一般社会に普及したことにより、仏壇や提灯に火を灯して先祖を供養するという行事ができるようになりました。

Q. 盂蘭盆会って?

A. 幾つか説があるようですが、一般的に知られているのはインドのサンスクリット語で「逆さ吊り」を意味する「ウラバンナ」という言葉に字を当てはめたというものです。

Q. お供え物は?

A. 大体の場合がキュウリとナスですが、地域と宗派により異なります。

Q. なんでキュウリとナスなの?

A. この理由についてはハッキリしていないそう。一説には「夏に採れやすい野菜だからでは?」なんていう意見があるようです。あの世にいる先祖はキュウリに乗ってこの世に戻って来て、ナスに乗って帰って行くと言われています。

「お盆」は英語で「Obon」?

お盆_英語

さて、「お盆」というのは日本の歴史と深く関わる独自の文化。英語で表現したいときは何と言えばいいのでしょうか?

答えはそのまま、「Obon(オボン)」です。

津波や過労死などと同じで、英語には「お盆」に当たる名詞がありません。そのため、英語で「Obon」とし、日本文化に詳しくない人にはお盆について軽く説明してあげるといいでしょう。

  • Obon comes in summer.
    (お盆は夏に来ます)
  • It is the time of year that the souls of our ancestors come back to visit us.
    (お盆は、先祖の魂が戻ってくる時期のことです)

こんな感じでどうでしょう?

これで何となくの感じは伝わるかと思いますが、もしもっと詳しく説明したいという場合は下記を付け加えてもいいと思います。

  • We usually visit the graves during these days (Obon).
    (お盆の時期は通常、お墓を訪ねます)
  • Also Obon festivals can be held in August.
    (また、8月には盆祭りが行われることもあります)

まだ遅くない!おすすめの旅行先

旅行_海外

暑い夏もまだ始まったばかり。家族とゆっくり過ごす盆休みもいいけれど、たまには外に足を伸ばしてリフレッシュしてみませんか? 計画を立てるにはまだ遅くない、日本でおすすめの旅行先はこちら!

石川県

海と山に囲まれている立地条件から、石川県には最高のグルメが集結しています。テニスの錦織圭選手の発言から人気が爆発したのどぐろから、海鮮丼、能登牛など、さまざまな有名グルメが味わえてホリデーを過ごすにはうってつけ!

北海道

とにかく暑い場所を避けたい! という人は、北海道に涼みに行くのもアリ。広大な大地を前に、おいしい海の幸を食べて普段の疲れを吹っ飛ばしましょう。

栃木県

暑い夏だからこそ、できれば人混みは避けたい。そう思いませんか? そんなときは関東は関東でも、人が集中しない栃木県がおすすめ。東京都からだと日帰りでも行くことができ、加えて自然もたくさん! 餃子がかなり安く食べられるのも最高です。

まとめ:知識を持ってご先祖様を迎え入れる

同じ盆を迎えるのでも、知識を持って臨むのとそうでないのとでは全く違うこと。前知識があるだけで、グッと充実した数日間になること間違いなしです!

感謝の気持ちを持ってちゃんと供養はしつつ、このお盆休みは国内旅行をしてみてはいかがですか?

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事:

【英語学習】海外でも通じる日本語!?浸透していく日本文化
「海外では日本語なんて通じないでしょ?」そんなことはありません!日本文化が世界に進出していくに従って、そのままでも通じる日本語はたくさんあるんです。日本のKawaii文化、発信していきませんか?
海外では「ハラキリ(Harakiri)」?日本の歴史を知る
オーストラリアで働いていた時、元ジャーナリストの同僚から「ねえ、Harakiriについて教えてほしいんだけど!」と声を掛けられて戸惑ったのも良い思い出。とある事件により海外でも話題になった「Harakiri」が何か、知っていますか?

 

Twitter でMocha(モカ)をフォローしよう!

コメント


タイトルとURLをコピーしました