現在日本滞在中!

【カフェ】元バリスタがおすすめするメルボルンのカフェ「Higher Ground」

メルボルン_カフェ体験 メルボルン
スポンサーリンク

ヨーロッパ調の建造物がおしゃれなメルボルン(オーストラリア)と言えば、何を思い浮かべるでしょうか?

そう、カフェです。

メルボルンは、世界的に有名なカフェの街。

街を歩けば至る所に個人経営のカフェが点在していて、しかもどこに行っても外れはほとんどないのが特徴の一つ。

そんなカフェ激戦区とも言えるメルボルンで、特におすすめのカフェ「Higher Ground(ハイヤー・グラウンド)」を紹介します!

モカ
モカ

メルボルンを観光するなら、絶対に行ってほしいよ!

スポンサーリンク

カフェの街・メルボルン

メルボルン_街

コーヒーやカフェ巡りが好きな人にはたまらない街、それがオーストラリアのメルボルンです。

一般人ですらかなり舌が肥えているので、少しでも気に入らないコーヒーを提供されると「ミルクが焦げた味がする」「ぬるすぎる」「ミルクの味しかしない」と突っ返されることもしばしば。

注文一つ取っても、「カプチーノにココアパウダーはかけないで」「ラテだけど泡多めで」などかなり細かく指定されるのは、一般レベルでカフェ文化が根付いたメルボルンならではだと思います。

初心者バリスタには厳しい世界となりますが、通りすがりのカフェに立ち寄ったとしてもほぼ外れがないのはうれしいですね。

ちなみにカフェによっては口コミという部分にこだわりがあったりもするので、人気なカフェほど路地裏など隠れた場所にあったりします。まさに隠れ家的カフェ。

モカ
モカ

これを探し当てるのがまた面白いんですよね!

Higher Ground

メルボルン_カフェ

大きく看板が出ているわけではないのに、常に地元の人たちでにぎわっているおしゃれカフェ「Higher Ground(ハイヤー・グラウンド)」。

店内は天井が高く、さらにほどよい暗さなので、おひとり様でも大人数のグループでも、落ち着いた時間を過ごすことができます。気さくなスタッフがこまめに様子を窺いに来てくれるのも◎。

厚手のコートなど、隣に置いておくには少しかさばるようなものがある場合、カフェを訪れるタイミングによっては預かってくれたりもします。サービス心満点ですね!

外見や内観の美しさはさることながら、もちろんそのメニューも魅力の一つ。

インスタ映えなら「パンケーキ」

せっかく海外に行くのだから、インスタグラムやフェイスブックなどで友達に自慢したい! という人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのは、Higher Ground自慢の「パンケーキ」。

パンケーキ_カフェ

写真からも分かるとおり、かなり大きめのサイズです。これで20ドル前後しますので、「ちょっと朝ご飯に」と言うよりもガッツリお腹を満たしたい人向け。もしくは、2人でシェアするぐらいで丁度良いかもしれません。

バターの味がしっかりと効いていて、味は間違いなし。

注文してから作ってくれるようで、待ち時間は大体20分程度。アツアツをいただくことができるのはうれしいですね! もちろん、食べている最中に冷えてしまってもおいしさは変わりません。

コーヒーも絶品

カフェの街・メルボルンにあるHigher Groundですから、言わずもがな、コーヒーも絶品です。

味良し、温度良し、舌触り良し!

コーヒー_メルボルン

見た目も美しく、思わずカメラをパシャリ。

甘いパンケーキがコーヒーのさわやかな苦味とマッチしていて、なんともいえない幸福感をもたらしてくれます。

さすがメルボルン、泡までおいしいコーヒーが当然のように出てくる環境です。

モカ
モカ

きめ細かな泡は、のど越しがスムーズで本当においしいんですよ!

カフェで使える英語

カフェ_おいしいコーヒー

英語に自信がないと、カフェで注文するのも一苦労。それだけでドキドキしてしまったりしますよね。ここでは、入店から会計までに使う英会話をまとめてみました。

∴「2人です」

Table for 2, please.

入店してまず聞かれるのは、日本と同じように「How many people?(何名様ですか?)」ということです。数字の部分には人数を当てはめましょう。

なかには入店後も放置されるお店もありますが、そんなときは近くにいるスタッフに「Table for ○○」と話し掛ければ「好きな所に座って」「じゃあこちらへどうぞ」など、都度指示してくれます。

∴「5人で予約したいのですが」

I would like to make a reservation for 5 people.

数字の部分に人数を当てはめて。また、「reservation」を「booking」と置き換えても可。これだけ伝えることができれば、日程調整などは向こうから切り出してくれることでしょう。

∴「持ち帰り(イートイン)のラテをください。」

Could I please have a latte to have it here?/to take away?

日本で持ち帰りというと「テイクアウト」というイメージがありますが、英語では「take away(テイクアウェイ)」と言うことがほとんどなので、頭の片隅にでも置いておいてくださいね。

もちろん、「take out」と言ってしまった場合でも通じることは通じますので、あまり気にしすぎなくてOK。また、「to go」と言う人もいますが、オセアニア圏ではあまり聞いたことがありません。「to go」はアメリカ英語でよく用いられる表現だそうです。「to take away」はイギリス英語。

∴「フラペチーノ、お願いします。クリーム無しで」

Could I please have a frappuccino with no whipped cream?/without whipped cream?

メニューにあるものを注文するだけだったらまだ簡単ですが、なかには「この食材苦手なんだよな…」ということもあるかと思います。

そんなときは「with no~」「without~」で「○○抜き」「○○無しで」という表現ができます。

また、スタッフの方から「Would you like it with, or without whipped cream?」という具合に「クリームはいりますか? いりませんか?」と声掛けしてくれる場合も。

∴「どのくらいの大きさですか?」

How bit is it?

日本感覚で注文してしまうと、時に想像よりも大分大きなサイズの食事が運ばれてきてしまうことも。食べきれるか不安なら、注文時にまずは大きさを確かめてみることをおすすめします。

∴「どれが一番おすすめですか?」

What would you recommend the most?

英語のメニューだと、ややこしくてどれを頼んだらいいか分からない。そんなときは、お店のおすすめを聞いてみましょう。

もしくは、日本ではあまりこういった話し掛け方はしませんが「What do you like the most?(どれが一番好きですか?)」とスタッフの個人的な好みを聞いて決めるのもアリ。

∴「すごく良かったです!」

It was amazing!

サービスがしっかりしているお店では、食べている最中や食べ終えた後、会計時などにスタッフから「How was everything?(どうでしたか?)」と声を掛けてくれる場合があります。その受け答えとして、感謝の気持ちを伝えましょう。

∴「飲み物も付いてきますか?」

Does it come with the drink?

例えばセットメニューなどを頼んだけれど、それに飲み物やサラダが付いているのか不安に思ったとき。「Does it come with~?」はかなり使える表現です。

∴「クレジットカードは使えますか?」

Do you accept credit cards?

多額の現金を持ち運びたくない海外旅行において、クレジットカードが使えるかどうかはかなり重要なところ。特に後払い制のカフェなどで、すでに飲食をしてしまった後にカードが使えないということが分かると困ってしまいますよね。

メルボルンに限らず、海外にはカードでの支払いができないお店があったりもしますので、前もってチェックしておくようにしましょう。

まとめ:メルボルンでカフェ巡りをしよう

メルボルンを訪れたら、まずはカフェ巡り。

周辺エリアにも素敵なカフェがたくさんあるので、トラムやバス、電車などの公共交通機関を利用すればかなりの数を制覇できるはずです。特にBrunswick(ブランズウィック)やFitzroy(フィッツロイ)は地元の人たちに大人気のカフェスポットですよ!

おしゃれなカフェ体験をして、香ばしいコーヒーの匂いに囲まれながら普段の疲れを癒やしましょう!

▼基本情報▼
名称:Higher Ground
住所:650 Little Bourke Street, Melbourne
営業時間:7:00~16:00(土日祝は8:00~、木金土曜は~23:00)
Web:公式サイト

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事:

インスタ映え抜群!カフェの街・メルボルンでおすすめのカフェ5選【カフェ巡り】
世界的にも有名なカフェの街・メルボルン。街を歩けば必ず素敵なカフェに巡り合えるのが魅力的!元バリスタがお伝えするメルボルンでコーヒーがおいしいおすすめのカフェ。
【メルボルン】おいしいコーヒーを淹れる人。バリスタという仕事【職業紹介】
最近では日本でもスターバックスやドトールだけでなく、おしゃれなカフェが人気になってきていますよね! かつてメルボルンでバリスタをしていた私としては、非...

 

Twitter でMocha(モカ)をフォローしよう!

タイトルとURLをコピーしました