【英語学習】ミカン=オレンジではない?スーパーで買える「サツマ・マンダリン」

ミカン_サツマ_トップ English
この記事は約3分で読めます。
モカ
モカ

さて、問題です。「ミカン」は英語でなんと言うでしょう?

授業で初めて英語を習ったとき、「ミカン=オレンジ(Orange)」と覚えた人も少なくないのではないでしょうか?

冬にこたつで食べるミカンはまた格別ですよね! 想像しただけで心がほっこりしてきます。

しかしこのミカン、海外で「オレンジ」と言うとイメージとはちょっと違ったものが出てくるかもしれません。

スポンサーリンク

ミカン≠オレンジ?

ミカン_サツマ

英語圏の人が「オレンジ」と聞いて想像するのは、このような大きなもの。日本で一般的に親しまれている「ミカン」とは少し違ったのではないでしょうか。

英語では、ミカンの種類によって呼び方が変わるんです。

日本語でも「ミカン」「デコポン」「ハッサク」と区別したりしますよね。あんな感じ。

つまり、海外のスーパーで「オレンジはある?」と聞くと、写真のようなフルーツが置いてある場所に案内されるということです。

海外でもミカンは食べられる!

ミカン_サツマ

モカ
モカ

えー! じゃあ海外にミカンはないの!?

という声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。呼び方が違うだけで、海外のスーパーでも簡単に購入することができます。

こたつこそありませんが、冬に食べるミカンはまた格別。つい先日もカウントダウン(大手スーパーマーケット)で袋売りにされているのを見かけました。

それでは英語で「ミカン」はなんと言うのか。

答えは「サツマ・マンダリン」です。

モカ
モカ

サツマ!? マンダリン!? 全然オレンジじゃないじゃん!

もはや「オレンジ」という言葉すら入ってきません。

スーパーに行って日本人が想像するミカンを入手する場合「Satsuma Mandarin」「Mandarin Satsuma」という表記になっています。これは温州ミカンのこと。想像に難くないかもしれませんが、ここで言う「サツマ」は「薩摩」。つまり鹿児島県のことです。

どうやら温州ミカンというのはその昔、鹿児島県から日本に伝わったらしいのです。

the tree that produced the first known Satsuma most likely originated in China.

(出典:Buy Fruit Online|NZ Mandarins|NZ Satsuma

ということなので、起源は中国のよう。「マンダリン」というのは「中国原産のミカン」とのことです。中国を経て鹿児島県に伝わったということから、「サツマ・マンダリン」と名付けられたと言われています。

最近では日本でも「マンダリンオレンジ」という言葉を耳にするようになったので、「マンダリン」という単語だけは聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

個人的に「サツマ・マンダリン」と「マンダリン」の間に大きな差は感じられませんので、「サツマ・マンダリン」が見つけられないときはただの「マンダリン」を試してみてもいいかもしれませんね!

ちなみに旬の時期は4~8月頃ということです。(ニュージーランドの冬)

まとめ:ちょっとした日本気分が味わえる

時代が移り変わっても、日本の冬には欠かせない存在のミカン。

寒くなってきたと思ったら、急にあの甘酸っぱい癖になる味が恋しくなったりしますよね! 今やマンダリンに限らず、どこに行っても日本と同じ味を見つけられるようになりました。

海外生活をするうえで、味覚って本当に大事。

寒くてなんとなく心寂しくなる冬も、ちょっとした日本気分を味わえば楽しく過ごせそうです!

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント


タイトルとURLをコピーしました