甘くておいしい!オークランド市内で台湾デザート「Meet Fresh」

tobira_台湾デザート_オークランド Diary
この記事は約3分で読めます。

オークランド市内を散策していたりすると、つい見かけるたびに吸い寄せられるように入ってしまう台湾デザートの専門店「Meet Fresh」

モカ
モカ

アジア系のデザートってちょっとガチャガチャしてる感じがして苦手なんだよなあ…。

こんなことを思っていた私でも胸を張っておすすめできる、休日や放課後、仕事の後などにふらりと立ち寄れる大人気のカフェです。

 

スポンサーリンク

台湾デザート専門店「Meet Fresh」

オークランド市内中心部。

おしゃれなカフェやレストラン、バーなどが集合しているローン・ストリート(Lorne Street)沿いにある「Meet Fresh」では、タピオカをはじめとするさまざまな台湾デザートをいただくことができます。

03_台湾デザート_オークランド

店内はこんな感じで、おひとり様にも優しい雰囲気。

デザートやドリンクなど、多岐にわたるメニューに、皆さん頭を悩ませながら時間をかけて選んでいました。

また、ホットとコールド、両方のメニューがあるので気候に関係なく一年を通して楽しめるのがこちらのカフェの魅力の一つ。

先に台湾デザート専門店と言いましたが、ワッフルやスノーアイス(かき氷)などもあります。気分次第で自由に選べるのがうれしいですね。

モカ
モカ

これがすごくおいしいんですよね~! 一度食べれば病みつきです!

さて、気になるメニューを注文すると、呼び出しベルが渡されます。日本のフードコートなどでも、注文した料理が出来上がると振動と音で知らせてくれる機械がありますよね。あれです。

仕事をしながら待つこと5分。

02_台湾デザート_オークランド

こちらは「タロ・ボール」です。

タロとは日本語で言うタロイモのこと。これがタピオカ状のモチモチとした形になって、この下の方に沈んでいます。

01_台湾デザート_オークランド

あまり見慣れていないと外見的には「!!??(戸惑い)」となってしまいますが、入っているのはタピオカと小豆、タロ・ボールにサツマイモ。味わいは非常に優しく、日本のおしるこのような感じです。

私はあまりいろいろなものが入っている料理が得意ではないのでベーシックなメニューしか選びませんが、もし「もっとタピオカを投入したい!」「グラス・ゼリー入れてみたいんだよなあ…」というような人がいれば、それもOK。有料ではあるものの、トッピングを追加することができます

このボリュームでたったの9ドル。物価が高いオークランドにしては、なかなかリーズナブルな値段だと思います。

ニュージーランドにはたくさんのスイーツ専門店がありますが、この「Meet Fresh」でいただけるデザートは繊細な味わいで日本人向け。

オークランド市内のほかにも運営店舗が複数あるだけでなく、なんと日本にも進出を果たしているとのこと。しかも東京都内ですでに6店舗も出店しているというのだからすごいですよね。

日本のメニューをざっと見た感じあまり違いはないようですが、なんと「タピオカホットサンド」の文字が。どうやら日本限定メニューということです。

モカ
モカ

タピオカ×ホットサンドってどんな味なのかな…。

日本にお住いの方、または海外から一時帰国する予定がある方はぜひ訪れてみてくださいね。

 

まとめ:控えめな甘さが恋しい人に

海外でデザートを食べようと思うと、どうしても大ざっぱな味付けが多く感じてしまうもの。でもアジア系のスイーツ専門店では、日本人の味覚に合ったメニューを発見することができます。

特にローン・ストリート店は夜遅くまでオープンしているので、飲み会やパーティーなどの帰りでも気軽に立ち寄ることができてうれしいですね!

▼基本情報▼
名称:Meet Fresh
住所:6-8 Lorne Street, Auckland CBD
営業時間:11:00-23:00(金土 11:00-24:00)
※ほか複数店舗あり。

 

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント


タイトルとURLをコピーしました