「ハラールのメニューはありますか?」イスラムの教えから学ぶ食べ物の世界

03_ハラール Article
この記事は約4分で読めます。

いまや海外でも気軽に本格的な日本食が味わえるようになり、とても便利な世の中になりましたよね。(私が高校生だった時には…ごにょごにょ)

それだけでなく、タイ、韓国、ギリシャ、中国、イタリア、フランスなどさまざまな国の料理を提供するレストランがあるニュージーランドは、まさに多国籍国家。

中にはベジタリアンメニューを用意しているカフェやレストランもあり、誰でもどこでもおいしい料理をいただけるのが魅力です。

そんなたくさんあるフードメニューに、「ハラール」と呼ばれる種類があることを知っていますか?

スポンサーリンク

海外ではカフェでもよく聞かれる

02_ハラール

さて、まずは「ハラールって? これって常識?」というところから始めましょう。

ハラールフードとは一般的に、

イスラーム法において合法なものの事をハラールといい、非合法なもののことをハラームといいます。

(出典:NPO法人 日本ハラール協会「ハラールとは」)

ということで、イスラムの教えに従って食べられるもののことを指します。

まず、イスラム教の人たち(ムスリム)にとって、豚肉とアルコールは厳禁豚肉を出汁に使った料理や、アルコールの成分が入ったものも禁止されていますので、ムスリムの人たちが参加するホームパーティーに招待されたときには気を付けましょう!

ちなみに、豚肉の成分が付着したであろう器具を使用して作られた料理も食べてはいけないと定められています。

すごく厳格な戒律なんですね。

そもそもなんで豚肉が禁止されているのか? それは、イスラムの教えでは豚は不浄のものとされているからです。

また、牛や鶏などほかの肉についても、イスラムの教えに従った方法で解体+加工されているものしか口にできないそう

海外ではごく普通に「ここはハラールに対応してる?」と聞かれます。もちろん対応していない場所もありますが、この言葉が通じないということはほとんどありません。

明確に決められた「食べてはいけない」もの

03_ハラール

何をもってハラールとするか、ハラームとするかは、聖典コーラン(キリスト教でいう聖書)で明確に定められています

  • ハラールに屠殺されていない動物
  • 重度ナジスの動物(犬、豚とそれにまつわるもの)
  • ナジスを含んだもの
  • 牙をもち、その牙で獲物を得る動物:虎、クマ、象、猫、猿等
  • 捕食動物:鷹、フクロウ等
  • イスラム法で殺してはいけない動物:ミツバチ、キツツキ等
  • その他、イスラム法で食べてはいけないとされる動物:ロバ、ラバ
  • 毒性があり、人体に悪影響のある生物はハラーム、ただし、調理の際にそれらを取り除いた場合はハラール。:ふぐ等
  • アルコールを含む食品、または飲料

(出典:NPO法人 日本ハラール協会「ハラールとは」)

上記はハラーム(食べてはいけないもの)の一例です。いろいろある割に、しっかりとした規定があって分かりやすいですね。

ちなみにここで表記されている「ナジス」とは「不浄のもの」という意味で、軽度、中度、重度という風にカテゴライズされています。厳禁とされている豚肉はもちろん重度ナジス。

ハラル認証制度

04_ハラール

前述から分かる通り、豚肉やアルコールのようにはっきり「食べては駄目」と定められたもの以外は、見た目では分からないハラールフード。例えば牛や鶏なら食べても問題ないとされていますが、それがイスラムの教えに従って加工されたものかは見た目からは分からないわけです。

そうなると外食はもちろん、食材を買うときにも困ってしまいますよね。

そんなときのために実施されることになったのが「ハラール認証制度」

ハラールに対して世界は徐々に理解を深めていて、

現在ハラル認証機関は世界に200以上あると言われています。
日本でも当協会が確認しているだけで15以上の認証機関があります。(2015年12月現在)

(出典:ハラル・ジャパン協会「ハラル認証の実施」)

意外なことに、日本にもハラール認証の実施機関があるようです。

ただ、いまだ世界的に統一された規定があるわけではないようですので、ハラール認証に必要な基準なども明確になっていないのだとか。認証を取得するには、認証機関と面談し、審査を受ける必要があります

まとめ:誰でも食べられるハラールフード

ハラールフードはイスラムの教えに従って加工された食材を使った料理のことですが、ムスリムでなければ食べては駄目ということもありません。性別、人種、宗教問わず、誰でも楽しめるのが良いところ。

また、留学やワーキングホリデー、移住などで海外生活を送る予定がある人は、飲食店のアルバイトをすると頻繁に「ハラールフードはある?」と聞かれることになると思いますので、ちょっとした知識を持って、戸惑わないようにしましょう。(ちなみに私は戸惑いました!)

安全で楽しいハッピーフードライフを!

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント


タイトルとURLをコピーしました