ファー・ノースを目指すなら!「テ・パキ・サンド・デューン」で巨大砂丘体験

01ニュージーランド_砂丘 Diary
この記事は約3分で読めます。

当ブログでも一度ご紹介した「ケープ・レインガ(レインガ岬)」は、ニュージーランド最北端の地。マオリ文化とも深く関わってくるこの有名観光地を目指す人は多いのではないでしょうか。

でも、せっかく長距離ドライブで観光するならここだけではもったいない!

ということで、ニュージーランドではめったに見られない壮大な光景に出合える「テ・パキ・サンド・デューン(Te Paki Sand Dunes)」をご紹介します。

ニュージーランド最北端の地「ケープ・レインガ」で絶景を拝もう!
ニュージーランドで一般人の立ち入りが許可されている最北端の地「ケープ・レインガ」。先住民のマオリ族の歴史・伝承に深く関わる特別な土地までドライブをしてみませんか?目の前に広がる絶景に目を奪われること間違いなし!
スポンサーリンク

テ・パキ・サンド・デューン

オークランド市内中心部から車で約6時間ほど北上した所に、大砂丘「テ・パキ・サンド・デューン(Te Paki Sand Dunes)」はあります。つまり、ケープ・レインガ(レインガ岬)に行く途中の道。

注意書きなどもいろいろとあるのですが、過去に車などが水で押し流されてしまうというような事故があったりしたようなので、ここを訪れる際には気を付けましょう。浅いから大丈夫だろうと油断しないように!

ガシガシと上の方まで登っていくと、そこはまさに巨大砂丘! というよりも、むしろ砂漠の中に迷い込んでしまったかのような感じ。

足跡などを付けて歩くのもとても楽しいし、寝転がってリフレッシュするのもアリ。誰にも邪魔されないひと時は旅の疲れを癒やすのにぴったりです。

巨大砂丘でできること

03ニュージーランド_砂丘

ケープ・レインガから車で約20分ほど。日本ではあまりお目にかかれない巨大な砂丘は、まさに息をのむほどの絶景です。遥か彼方まで広がる広大な砂丘で、ニュージーランドの大自然を感じましょう。

サンドボード

テ・パキ・サンド・デューンの醍醐味の一つといえば、サンドボード

サンドボードを持っていないという人も、近くでレンタル(もしくは販売)をしている場所もあるので下調べをしていきましょう。

例えばこんなところ ⇒ サンドボードレンタル

基本的にはボディーボードなどがあれば大丈夫です。

安いものだと2,000円前後からあるので、今後もアクティビティーなどで使いたい人は購入するのも良いかもしれませんね!


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EPSボディーボード タートルブルー33inc UX-594

巨大砂丘でスリル満点のアクティビティーを楽しみたい人におすすめです。

ヨガ

私が友人と訪れたこの日は時間が時間だっただけにサンドボードはできなかったのですが、友人はヨガをして楽しんでいました。太陽が沈む間際の光景はとても神秘的。

開放的な空間でヨガをすれば、普段の疲れも吹っ飛びます。

ケープ・レインガまで行くにはなかなかの体力が必要になるので、ここで一休みしてみてはいかがでしょうか?

ツアーに参加

個人で旅行をするには、それなりの体力と運転技術が必要になるケープ・レインガまでの旅。運転に自信がない、あるいはドライブ中はゆっくり休みたいというような人は、ツアーに参加することをおすすめします。

ケープ・レインガはもちろん、テ・パキ・サンド・デューンや90マイルビーチなど、ファー・ノースで有名な観光スポットを網羅することができます。

もしかしたらほかの国からやって来た友達が出来るかも?

まとめ:ニュージーランドの絶景にリフレッシュ

オークランド市内から車で向かうとなると日帰りは厳しいケープ・レインガですが、中継点としてパイヒアに宿泊するのがおすすめ。 Booking.comでパイヒアのホテルを検索!

ニュージーランド屈指のリゾートタウンでは、ドルフィンスイムやクルーズ、セイリングなど、マリンアクティビティーを楽しむことができます。また、パイヒアがあるベイ・オブ・アイランズは、ニュージーランドの歴史に深く関わる地方。

車で4分ほどの場所に「ワイタンギ条約グラウンド」があるのも魅力の一つです。

歴史を学びながら観光も一緒にできる、ベイ・オブ・アイランズを通ってファー・ノースへ。帰国前には必ず訪れておきたい観光スポットの一つです!

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント


タイトルとURLをコピーしました