知っているようで知らない?ニュージーランドの国旗の意味

Article
この記事は約5分で読めます。

ニュージーランドで暮らす人なら誰もが一度は見たことがあるであろう国旗。

青地にユニオンジャック、それに星が散りばめてあるやつでしょ?

はい、大正解です。ただし、オーストラリアともほぼ形は同じですので少々見分けにくいかもしれません。ざっくり言うとユニオンジャックの隣に描かれている星の色が赤い方がニュージーランド、白い方がオーストラリアです。(ほかにも違いはいくつかありますが)

どうしてもオーストラリアの国旗と混同されがちなニュージーランドの国旗ですが、旗の意味を知っているでしょうか?

スポンサーリンク

ニュージーランドの国旗の意味

現在のデザインが出来たのは今から100年以上も前の1869年。正式に採用されたのは1902年のことで、それ以前の60年ほどは、かつてニュージーランドを支配下に置いていたイギリスの「ユニオンジャック」が国家の旗として認識されていたようです。

また、ニュージーランドには女王や総督を象徴する王室旗、総督旗、ニュージーランド警察の旗といった公式に認められた旗が数多く存在します。赤字にユニオンジャック、その隣に白い星が散りばめられた商船旗もそのうちの一つで、これが現在の国旗のモデルになったデザインです。違うことといえば背景の色だけ。

オーストラリアもこの商船旗を元にしているので、デザインが似ているようですね。

ちなみにこのユニオンジャックの隣に描かれた4つの星は、南十字星を表しているとのことです。なぜ南十字星なのか? それはずばり、南十字星が南半球のシンボルだから、です! 北半球にある日本からは見えないので、ニュージーランドを訪れる際はぜひ星空観賞をしてみることをおすすめします。

なお、日本国内でも沖縄県などでは場所により見えることもあるそうです。要チェック!

実はマオリ族の旗もある

ニュージーランドには先住民族のマオリ族がいます。時と場合によっては「マオリ」という言葉は攻撃的に聞こえることがあるそうなので、使い方には要注意。

そこはかとない力強さを感じるこの旗はマオリ族の旗。自然との共存を表しているそうです。

黒色の部分は世界が誕生してからの暗闇を、白色は光や共存、バランスなどを、真ん中のクルッとカールしているような部分はコル(Koru)として新生を、赤色は自然や地球、生きる全てのものを表現しているとのこと。これに関しても諸説あるようですので、気になる方は調べてみてくださいね。

新しい国旗のデザイン

ニュージーランドでは、ここ20年ほどの間「新しい国旗を作ろう!」という議論がなされています。その理由は単純明快、オーストラリアの国旗に酷似しているから。

ニュージーランドの国旗がオーストラリアの国旗と間違われるということは、その逆もまたしかり。1985年には、オーストラリアのボブ・ホーク元首相が外国訪問中にニュージーランドの国旗で出迎えられるという出来事が起こりました。こういったちょっとした事件も含め、2015年には白黒で「銀色のシダ」が描かれたデザインが新国旗案として選ばれたのです。

ジョン・キー元首相は新デザインを支持するよう国民に強く呼びかけていましたが、2016年、最終的には投票により現行国旗の維持ということになりました。長年続いてきた伝統を変えるというのは、やはり簡単なことではなかったようです。

ユニオンジャックが描かれた国旗の種類

イギリスに始まり、ニュージーランド、そしてオーストラリア…。ユニオンジャックが描かれた旗は国旗だけに限らず、ほかにもたくさんあるんです。中には「え、ここも!?」というような地域があったりして、見ているだけで面白いですね。

  • クック諸島
  • フィジー共和国
  • ツバル
  • ニウエ
  • カナダ・オンタリオ州、ブリティッシュコロンビア州、マニトバ州
  • セントヘレナ
  • イギリス領インド洋地域、南極地域   …等

【おまけ】オーストラリア国旗との見分け方

前述の通り、星の色が赤か白かというところで見分けるのが一番手っ取り早いのですが、オーストラリアの国旗には南十字星の中にもう一つ星が描かれています。なお、4つの星全てが五芒星であるニュージーランドの国旗とは違い、オーストラリアの国旗は4つが七芒星、1つが五芒星となっているのが特徴の一つ

ユニオンジャックの下に描かれた大きな七芒星は「オーストラリア連邦」を表し、それぞれが「ニューサウスウェールズ州」「ヴィクトリア州」「南オーストラリア州」「西オーストラリア州」「クイーンズランド州」「タスマニア州」と6つの州およびオーストラリア首都特別地域を指しているそうです。

以下、各州を代表する都市:

  • ニューサウスウェールズ州=シドニー
  • ヴィクトリア州=メルボルン
  • 南オーストラリア州=アデレード
  • 西オーストラリア州=パース
  • クイーンズランド州=ゴールドコースト、ケアンズ
  • タスマニア州=ホバート
  • オーストラリア首都特別地域=キャンベラ(首都)

じゃあ真ん中の方にあるエアーズロック(ウルル)はどうなの? ということですが、どうやらこちらはノーザンテリトリーに入るようです。ちなみに私も今まで知らなかったのですが、ノーザンテリトリーは準州として定められているとのこと。こちらで有名な都市といえばダーウィンですね。

まとめ:歴史が深く関わっている各国の国旗事情

それぞれの国の歴史が色濃く表れている国旗のデザインは実に興味深いもの。ニュージーランドのような比較的新しい国でも国旗をめぐる戦いはあり、常に議論が交わされています。

オーストラリアでも暮らしたことがある私としては類似性があるからこそニュージーランドの国旗デザインも気に入っていますが、またいつか、新国旗案に関わる投票をすることがあるのかもしれませんね。そのときはどのようなデザインが登場するのでしょうか。

それはそれで楽しみです。

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント


タイトルとURLをコピーしました