今流行りのオーガニック商品ならマタカナ・ファーマーズ・マーケットへ

Article
この記事は約4分で読めます。

ニュージーランド国内で毎週末どこかしらで開催されているファーマーズマーケット。南はクイーンズタウンに始まり北はオークランド周辺まで、さまざまなマーケットを訪れる機会がある中で、ここ数年にわたりナンバーワンだと言い続けているサタデーマーケットがあります。

それは「マタカナ・ファーマーズ・マーケット(Matakana Farmers’ Market)」

今流行りのインスタ映えを狙っている人。安い野菜やシーフードを入手したい人。気軽に日帰り旅行がしたい人。どれか一つでも当てはまる人は絶対好きになる、アイコニックで可愛らしいファーマーズマーケットに立ち寄ってみませんか?

スポンサーリンク

Matakana Farmers’ Market

まとまった休みが取れない人や、ちょっとした癒やしが必要な人におすすめの心に優しいマーケット!

アクセス

オークランド市内中心部から車で約1時間半ほど北上した場所に位置するマタカナ(Matakana)エリア。徒歩で回れるほどの小さな街ですが、カフェやレストラン、ショップなどはそろいもそろっておしゃれなお店ばかりです。

北島には2カ所の有料道路があるのですが、そのうちの1カ所を通ることになりますので「支払いなんてしたくない!」という方は避けて下道を使うことをおすすめします。その場合、ビーチがきれいなオレワ(Orewa)を通って行きましょう。

開催日時

マタカナ・ファーマーズ・マーケットが行われているのは、毎週土曜日。ほとんど午前中のみの開催となりますので、時間には注意しましょう。また、大人気のマーケットなので駐車場を見つけるのも至難の業。少しばかり歩くのは覚悟のうえで!

出店

数々のマーケットを渡り歩いた中で私が「ここが違う!」と思うのは、なんといってもオーガニック商品の豊富さ。各店舗それぞれが素材や食材にこだっていて、ニュージーランドの中でもここでしか見られない商品もたくさんあります。野菜やシーフードなどを安価に入手できるのも魅力の一つ。

Matakana Farmers’ Marketの魅力

豊富なラインアップ以外にも、Matakana Farmers’ Marketにはたくさんの魅力があります。何度も足を運ぶ中で特におすすめしたいと思った理由をご紹介します!

フレンドリーな人たち

マタカナの魅力はなんといっても「人」!

出店している人たちは誰もがフレンドリー。商品についてはもちろん、マタカナのことやほかのことでも、話しかければ笑顔で答えてくれるでしょう。その土地のことはその土地に住んでいる人に聞くのが一番。周りには観光スポットもたくさんありますので、現地の人がおすすめする場所を尋ねてみてはいかがでしょうか?

豊富な自然

マタカナエリアから少し出ればそこはもう大自然の世界。ニュージーランドらしい牧歌的な風景を一望することができるので、ちょっとした休みに羽を伸ばしたい人にはぴったりです。

ニュージーランドにいても意外と見る機会のない羊ですが、マタカナから少し外に出ればあちこちで羊が牧草を食んでいるところが見られますよ! マーケットの真後ろにも川が流れていて、観光客や地元の人たちはそこで買ったランチを食べているようです。

ワインの産地

近年、世界的に注目を浴びているニュージーランドワイン。

ワイヘキ島やホークス・ベイ、セントラル・オタゴなど名だたる名産地の中、実はマタカナにも有名ワイナリーがあるのです。マタカナ自体はとても小さい街なので、帰りにワインテイスティングを楽しんでいくのもGood。

日本に帰る予定がある人はお土産にもおすすめです。

ライブミュージック

マーケットには小さいながらも特設舞台が用意されていて、地元の人たちがライブミュージックを奏でています。大きすぎず小さすぎず、ほどよい音量で流れるBGMが身も心も癒やしてくれること間違いなし。

楽しそうに楽器を演奏する様子は、見ているこちらの気分まで明るくなってきます。

まとめ:安い!おいしい!大満足のマーケット

Matakana Farmers’ Marketはほかとは違うユニークなマーケット。「マーケットにはよく行くけれど、同じお店には少し飽きてきたな…」そう思ったらマタカナへ。

食事が安くておいしいのはもちろんのこと、地元の人たちが心を込めてもてなしてくれるでしょう。

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント


タイトルとURLをコピーしました