新元号「令和」は万葉集から?込められた願いとは?

Japan
この記事は約5分で読めます。

2019年4月1日。

新天皇即位に伴い行われる新元号の発表が行われました。約30年にわたり続いた平成は終わりを告げ、いよいよ新しい時代「令和」のスタートです。

とはいえ、うーん。いかんせん実感が湧かない!

どうですか? 当たり前ですが、1カ月後以降に生まれた子は令和元年生まれになるわけです。つまり昭和生まれの人は今で言う大正生まれと同じ扱い…? こう考えを巡らせているとどんどん時の流れが恐ろしくなってくるのですが、そもそも「令和」とはどのような意味なのでしょうか? そこに込められた願いとは?

スポンサーリンク

元号制度について

あと1カ月後に控えた「令和」時代への移行ですが、日本で古くから伝わってきた元号制度というのは遥か昔に確立されたもの。

日本で一番古いとされている元号は皇極天皇の時代に制定された「大化」で、645年7月17日~650年3月22日までの約6年間です。歴史の教科書では645年に政変「大化の改新」が起きたと習ったかと思いますが、現在では「645年ではなかった」「そもそもそんな出来事はなかった」などさまざまな説が飛び交っているようです。ちなみに私は「645(蒸し殺し)年 大化の改新」と覚えていました。

そこから白雉(はくち)、朱鳥(しゅちょう、あかみとり)、大宝(たいほう)などいまいち聞き覚えのない響きが続き、和銅(わどう)や養老(ようろう)といったなんとなく馴染みのある元号もちらほら。

どうやら昔は疫病が流行っただとか天災が起きただとか、はたまた珍しい模様の亀が献上されただとか、元号を改める理由は納得の足るものから「え、そんなことで…?」と思わずにはいられない可愛らしいものまで多岐にわたります。

それが今の新天皇即位と共に元号を変える「一世一元」制度を採用するようになったのは、なんと意外なことに近代史に突入してから。明治22(1889)年のことだそうです。


新元号「令和」の意味とは?

初春の令月(れいげつ)にして、気淑(うるは)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。

(梅花の歌三十二首より)

令和は日本の改元史上初、万葉集に由来した元号となりました。

…で?

正直、現代を生きる私たちにはただ和歌を見せられても「なんのこっちゃ?」という感じ。というわけで、現代語訳を付けると下記の通りになるようです。’

初春の佳き月で、空気は清く澄みわたり、風はやわらかくそよいでいる。梅は佳人の鏡前の白粉のように咲いているし、蘭は貴人の飾り袋の香のように匂っている。

(出典:Yahooニュース「新元号「令和」は万葉集が出典 「梅花の歌」序文の現代語訳は?」

こうして見てみると、日本ならではの風情や情緒を感じる心落ち着く一文になっていることが分かります。ちなみにこれはほんの一部にしかすぎません。原文はこちら!

天平二年の正月の十三日に、師老の宅に萃まりて、宴会を申ぶ。

時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。しかのみにあらず、曙の嶺に雲移り、松は羅を掛けて蓋を傾く、夕の岫に霧結び、鳥はうすものに封ぢらえて林に迷ふ。庭には舞ふ新蝶あり、空には帰る故雁あり。

ここに、天を蓋にし地を坐にし、膝を促け觴を飛ばす。言を一室の裏に忘れ、衿を煙霞の外に開く。淡然自ら放し、快然自ら足る。もし翰苑にあらずは、何をもちてか情を述べむ。詩に落梅の篇を紀す、古今それ何ぞ異ならむ。よろしく園梅を賊して、いささかに短詠を成すべし。

実はこんなに長い文章の一節だったんですね。込められた願いとしては、「若者たちが夢を持って頑張っていける社会に」ということです。

白熱した新元号予想合戦!

SNSや各企業のキャンペーンなどで白熱していた新元号の予想合戦。私も個人的にいくつか予想したりはしていましたが、「令和」というのはまさに予想外ではありませんでしたか?

「漢字2文字」や「俗用されていないこと」など6つのルールが定められている改元ですが、さまざまな憶測が世間をにぎわせていたようです。

中でも「安久(あんきゅう)」や「安永(あんえい)」など、「安」の字が多いのが印象的でした。また、某調査の中ではまさかの「羽生」がランクインするなど、時代を象徴するようなものもたくさんあったようですね。

(参照元:ソニー生命保険株式会社「平成生まれ・昭和生まれの生活意識調査」)

元号制度を取り入れているのは日本だけ?

海外では全世界的に西暦制度が採用されていますが、今の時代で元号を取り入れているのはまさに日本だけ

もともとは東アジア特有の制度だったらしく、現存の記録では中国の「建元」が最古の元号だったとされています。つまり主に漢字圏で使われていたということですね。

残念ながら韓国やベトナム、台湾などほかの国で元号制度を取り入れていた国も、今はそれぞれ西暦に統一しているので元号というものはありません。

まとめ:1カ月後には令和時代に

晴れて5月1日から時代は令和に突入するわけですが、なんだか実感が湧かないというのが実のところ。しかしこれは新たな時代の幕開けでもあります。

私たちの生活が大きく変わるわけではありませんが、個人的にも心機一転、新しいことにチャレンジしていけたらと思っていたり。

新しい時代を楽しく後悔なく、前を向いて生きていけたらいいですね!

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント


タイトルとURLをコピーしました