【2019年3月15日】クライストチャーチで発生した49名死亡の銃撃事件【Kia Kaha】

New Zealand
この記事は約3分で読めます。

2019年3月15日、13時40分頃。衝撃と悲しみがニュージーランド国内を駆け巡りました。

 

南島最大の都市・クライストチャーチで、銃撃事件が発生したのです。ニュージーランドのような治安が良いというイメージのある国でのこうした悲惨な事件は、「この世界のどこにも安全だという確証のある国はないんだ・・・」と思わせられるような出来事だったと思います。

 

事件から一日が経過した今でも、ニュースのヘッドラインは更新され続け、死亡者数は49名、けが人多数。

 

恐らく誰も想像していなかった、最悪の事態。一体どのような事件だったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

事件概要

 

事件が起きたのは2019年3月15日(金)13:40頃。

 

クライストチャーチにある2つのモスクにて、銃乱射事件が発生しました。49名の犠牲者のうち、41名がHagley Park付近のDeans Avenueにあるモスクで、7名がLinwoodにあるモスクで、1名が病院に運ばれたのち亡くなったそう。事件発生時、Deans Avenueのモスクには300名ほどの参拝者が訪れていたとのことです。
(※追記:Deans Avenueにてもう1名の死亡が確認され、2019年3月17日時点での死亡者数は50名にも上っています)

 

容疑者として拘束されたのは男性3名、女性1名の4名。

 

うち1人は自称オーストラリア出身の28歳白人男性です。犯人が乗っていた車の一つから即席爆発装置(improvised explosive device)が発見されたとのこと。ちなみにこの男性、クライストチャーチ在住ではなく、ダニーデンで生活を送っていたようです。

 

また、この犯人、自身の犯行の様子をFacebookにて16分にもおよぶライブ配信を行ったのです。動画は「Let’s get party started(さあ、パーティーを始めよう)」という言葉から始まっており、警察は拡散され続けているこの動画について、「シェアしないように」と強く呼びかけています。

 

事件を受けて、ジャシンダ・アーダーン首相は「It is clear that this is one of New Zealand’s darkest days」とコメント。日本語にすると「ニュージーランドの最も陰鬱な日の一つであることは明らかだ」となります。

 

ニュージーランドの治安

事件のニュースが世界中を駆け巡り、「まさか」と思った人は多かったのではないでしょうか。世界的に見るとやはり治安が良いというイメージのあるニュージーランドでの銃乱射事件は、「100パーセントはない」ということを教えてくれました。

 

Kia Kaha。
マオリ語で「Be Strong」の意。

 

何が起こるか分からない。そして、起こるとしたらたった一瞬。

 

そんな世界だからこそ、日々強く、優しく、しっかりと生きていかなければならないのだなと。

 

ニュージーランド史上最悪の一日ともいえる出来事に、同僚や友人、家族などを亡くされた方々の戦いはこれからです。被害に遭われた方にお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

 

My heart goes out to the family and friends of the victims.

コメント


タイトルとURLをコピーしました