オークランドでシーフードなら「Fish Market」へ!

Diary
この記事は約2分で読めます。

Kia Ora!

 

ニュージーランドのソウルフードといえば、パイにフィジョア、ホーキーポーキーなどいろいろですが、中でも絶対に外せないのはシーフード(海鮮類)。特にクレイフィッシュとマッスル、オイスターがおすすめです。

 

海に囲まれたニュージーランドでは、どこの都市でも大体おいしいシーフードが食べられますが、今回はオークランドで海の幸を楽しみたい人におすすめの「フィッシュ・マーケット(Fish Market)」をご紹介します!

 

スポンサーリンク

フィッシュ・マーケットについて

 

フィッシュ・マーケットはもともと、ニュージーランドの中心部に1904年に運営が開始されました。そう考えると、フィッシュ・マーケットはなんと100歳以上にもなるんですね!

 

その後、改築・改善を繰り返し、今の形が出来上がっていったのです。

 

 

フィッシュ・マーケットの中にはこんな感じで水槽が置いてあり、新鮮なエビや貝、魚が売られているだけでなく、おいしいシーフード料理が食べられるお店がフードコートのように並んでいます。(和食もあるよ!)


どこにあるの?

 

おしゃれなレストランやバーが立ち並ぶヴァイアダクト(Viaduct)から徒歩圏内の場所にあるフィッシュ・マーケットの目の前は一面の海。この日はあまり天気は良くありませんでしたが、夏も終わりのこの時期になると暑すぎず寒すぎずの気候が気持ちいい。

 

 

ウォーターフロントで海を眺めながら、ちょっとハイクラスなバーでビールを注文。そんなひと時がとてつもなく贅沢に感じる休日の午後です。

 

明日も日曜日で休日だと思うと、ついのんびりしてしまいますね。きっと明日の午後にはいつも通り「あ~、明日からまた仕事かあ・・・」となっているけれど、休みは休みでリラックスできるのがニュージーランドの良いところ。

 

夕方からバーに来て、ビール片手にピザを食べ、気付けば夜の9時過ぎ・・・! 今日も夜更かしできるのだと思うととても幸せです。

 

市内観光ならフィッシュ・マーケットへ

オークランド界隈で人気の観光スポットはたくさんありますが、「食」が楽しめるフィッシュ・マーケットは特におすすめ。

 

すでにニュージーランドに住んでいる人も、旅行で訪れる人も、ぜひ一度ニュージーランド自慢の新鮮な海鮮類を味わいに来てみませんか?

 

Ka Kite Ano!

 

コメント


タイトルとURLをコピーしました