大自然に出合おう!アクティビティー天国ニュージーランド

0

Kia Ora!

 

今の季節、南島のクイーンズタウン周辺に行くと世界的に有名なゲレンデが点在しており、スキーやスノーボードを満喫することができます。日本の夏にウィンタースポーツを体験できるのが魅力のニュージーランド。

 

それだけではなく、ほかにもさまざまなアクティビティーがあることをご存知でしたか?

 

今回は大人も童心に返って楽しめる、最高のアウトドアアクティビティーをご紹介します!

 

1. バンジージャンプ

 

ニュージーランドは、バンジージャンプの本場。
今や世界中で行われているこのアクティビティーは、実はニュージーランドが発祥の地なんです。そう考えただけでニュージーランド人、クレイジー。

 

ただ高い所から飛び降りようだなんて一体誰が考えたのでしょう。
しかし実際にやってみると恐怖を上回る高揚を感じられること間違いなし。今でもバンジー発祥の地、カワラウ(Kawarau)では大自然に囲まれた端から一気にジャンプ! を経験することができます。

 

絶叫アクティビティーの代表格、バンジージャンプ。ぜひお試しあれ。一度体験するとリピートしたくなる魅力があります。

 

2. ラフティング

 

ラフティングとは、川の急流を下っていくスリル抜群のアウトドアアクティビティーです。日本でも体験することができますが、インストラクターの方たちが口を揃えて言うのは、「ニュージーランドは本場だから挑戦した方がいいよ!」ということ。

 

やはり自然に溢れたニュージーランド、自然を利用したアクティビティーを体験するには欠かせない国のようです。

 

流れの速い川をボート一つで下っていくのはまさに気分爽快。普段のストレスを発散するにもうってつけです。ちなみにおすすめはやはり南島のクイーンズタウン周辺。水嵩などにもよりますが、アクション映画顔負けの大迫力なシーンを再現できることでしょう。

 

3. ゴルフ

 

優雅に大人なひと時が過ごしたいという人にうってつけなのが、ゴルフ。
もちろん日本でも気軽に楽しめるアクティビティーではありますが、大自然の中でゴルフクラブをスイングさせると気持ち良さもひとしおです。

 

ニュージーランドには広大な土地を生かしたゴルフコースがあらゆる場所に点在しているので、自分のペースで楽しみたい人におすすめ。

 



4. トレッキング

 

バックパッカー旅やワーキングホリデーなどの滞在で、低予算に楽しむならトレッキング。自然がそのままの景観で保護されているニュージーランドには、さまざまな絶景ポイントがあります。

 

オークランド周辺でもマウントイーデン(Mt. Eden)やデボンポート(Devonport)のマウントビクトリア(Mt. Victoria)といった初心者でも簡単にクリアできるコースや、クイーンズタウンやクライストチャーチ、ウェリントン方面などにもさまざまなトレッキングスポットがあります。

 

ニュージーランドならではの自然を肌で感じるにはぴったりです。

 

5. スカイダイビング

 

最後に、ニュージーランドのアクティビティーを語る上で欠かせないのがこちら。スカイダイビングです。エクストリーム。

 

実は私も体験したことがあるのですが、高所恐怖症にもかかわらず「またやりたい!」「サイコー!」と思ってしまうほどの魅力をたっぷり兼ね備えた素敵なアクティビティーです。
(ただ一緒に挑戦した友人は「もうやりたくない・・・」とこぼしていたので、恐らく人によるのでしょうが)

 

人生で一度はやってみたいことリストに入れている人も少なくないのではないでしょうか? せっかく体験するのであれば大自然に溢れたニュージーランド、それも絶景が望めるクイーンズタウンがおすすめ。眼下に広がるのは、日本はもちろんのこと、ほかの場所では見られない荘厳な光景です。

 

フリーフォールの最中も落下しているというよりは飛んでいるという感覚に近く、恐怖ではなく不思議な感覚が身を包みます。

 

日本と真逆にある南半球で、時速200キロメートルの世界を楽しんでみませんか?

 

普段とは一味違った非日常へダイブ!

 

スカイダイビングやバンジージャンプ、ラフティングやトレッキングなど、どれも普段の生活では体験できないことばかり。自然を生かしたアウトドアアクティビティーはもはやニュージーランド文化の一つともいえるでしょう。

 

アクティビティーを運営するオペレーターやガイド、インストラクターなどのスタッフは誰もがトレーニングを積んだプロフェッショナルですので、安全に楽しむことができるのも魅力の一つです。

 

上記でご紹介したもののほかにも、星空観賞やスパ、ジップラインにリュージュなど、体験できるアクティビティーはさまざまですので、自分に合ったプランを見つけてニュージーランドを楽しみましょう。

 

Ka Kite Ano :)

 

Mocha-Travel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です