カンガルーと行く!女子ひとり旅《シンガポール最終日~ホーチミン2泊3日 – 1日目》

0

シンガポール最終日、朝。
11:00AMの便だったため、7:00AM前には起床して30分にはホテルを出発。予定がぎっしり詰まったバックパッカー旅なので時間には余裕を持って行動します。

 

かなり早く空港に到着したのでターミナルで携帯電話の充電をしていると、シンガポール人男性に声を掛けられました。これから帰ると言っているのにもかかわらず、「出発まででいいからさ、そこら辺のカフェに行かない?」と。怪しい。断っても強く食い下がってくる。ますます怪しい。

 

埒が明かないので「今携帯充電してて・・・」と言うも、「じゃあチャージ終わったら声掛けてね」と近くの壁に寄りかかってスタンバイ体勢に。半ば観察されているような状態のままぎりぎりまで粘っていたのですが、ついに出発の時間になってしまったのでそそくさと退場、しようと思いきや。

 

なんと出発ターミナルまで着いて来ようとするおじさま。「さ、先にトイレ行きたいんですう・・・」と強制的に引きはがしました。外で待たれていたらどうしようと思ったけれど、さすがにそこまでは考えなかったよう。ほっ。

 

そんなどたばたが最後までありつつシンガポールを後にしたわけですが、次はベトナムはホーチミンシティ。2泊3日の大冒険です!

 

治安についてはほんの少しだけ不安があったものの、私が想像していたよりも観光客の姿も多く、タクシーや店の呼び込みもバリほど積極的ではない。
(もちろんバリはバリで良い場所でした)

 

カメラをかばんの中にしまうだとか、金品やカード類はまとめて持たず数カ所に分けて入れるなどという最低限の防犯対策を行っていれば安全そうです。

 

 

ホテルにチェックインしてから、まず向かったのはガイドブックなどには必ず載っているベンタイン(Ben Thanh)市場。日本人観光客の数もそれなりに多いのでしょう。さすがに大規模の観光地まで来ると「ニホンジン?」「ヤスイヨ!」「ゲンキデスカ?」と続々と声を掛けられました。それはそれで楽しい。

 

ここでお土産を購入。
いろいろと見て回りたくて「んー、ちょっとあっちの方も見てこようかな・・・」「もっとほかのお店も見てみたいから」と言って回っていると、最初はそうするつもりはなかったものの、結果的にかなりまけてくれることになりました。

 

 

早速本場のフォー(Pho)をいただきます。
今までの旅行中、お腹を壊すのが怖くて基本的には屋台食を避けてきていたのですが、どうしてもこれだけは市場で食べたかった。体調を崩す覚悟で注文。

 

さっぱりとした味わいが癖になります。

 

 

ホーチミンの道路。
話に聞いたり写真で見たことはありましたが、実際にこのバイクの交通量を見ると驚きです。

 

信号がない場所がほとんどなので、こうしてバイクが走ってくる間を縫うようにして道路を渡ります。最初は怖かったりもしましたが、慣れてくると意外と楽しいものです。

 

 

続いてベンタイン市場から歩いて15分ほどの場所にある、サイゴン大教会。フランス植民地時代に建設されただけはあって、繊細な美しさです。ネオゴシック様式の建築物。

 



 

そしてその斜め向かいにあるのは、こちら。

 

 

中央郵便局です。
観光名所の一つにもなっているので、観光客で賑わっています。こちらはコロニアル様式の建築物。

 

 

中に入るといました。
奥の壁に掛かっている額の中に入っているのが、ホー・チ・ミンさんです。通称「ホーおじさん」というらしい。

 

ベトナム戦争を勝利に導いた偉大なる指導者とは思えないほどの優しげな笑みを浮かべています。ホーおじさんとして親しまれる理由が分かるような気がしますね。

 

さて、ここからは約30分ほど掛けて歩いてホテルに帰ります。
それにしてもホーチミン、暑いです。マレーシアやシンガポール、バリと常夏の国はいろいろと回ってきましたが、ホーチミンはさらに暑い。

 

しかし夕方にもなれば次第に涼しくなってきて、過ごしやすい気温になりました。

 

 

中間地点のベンタイン市場の前まで戻ってきて、すぐそこにあったフードマーケットでサイゴンビールと生春巻きで空腹を満たします。旅行中の地ビールは最高です。サイゴンビールは何となく日本のビールと風味やのど越しが近いような気がしました。

 

ホテルに戻ってからもひとりで乾杯。

 

 

333ビール。これで「バーバーバー」と読むらしいです。
普通のスーパーマーケットなどに売っているので、どこでも楽しむことができます。

 

バリでもそうでしたが、ベトナムドン、お札にゼロが多すぎて慣れるのにはしばらく時間が掛かりそうな予感。

 

Mocha-Travel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です