カンガルーと行く!女子ひとり旅《シンガポール3泊4日 – 3日目》

0

アジア周遊旅行もついに後半へと差し掛かろうとしています。
新しい経験が連続すると内容が濃くなる分、時間が経つのも本当に早いですね。

 

3日目は日本に持ち帰るお土産の購入をする目的も兼ねて、うろうろします。行動を開始したのは昼過ぎぐらいから。

 

 

まずは最寄り駅から電車に乗ってチャイナタウンに向かいます。漢字で書くと「牛车水」。昔、牛舎で水を運んでいたことから名付けられたということです。

 

 

駅を出るとすでにこんな感じで、中国の雰囲気一色でした。お土産物屋さんがずらりと立ち並び、安いものだとS1ドルぐらいで購入できるので低予算の旅でもたくさん買い物をして帰れるのが嬉しいところ。

 

ショッピングも良いですが、とりあえず空腹をどうにかするために兼ねてより調べてあった目的のお店を探します。

 

 

やはり相変わらずの方向音痴を惜しむことなく発揮し、少し迷ってしまったもののようやく発見。
「Tian Tian Hananese Chicken Rice」という、真っ青な看板が目印のお店です。

 

チャイナタウン駅をパゴダストリート(Pagoda Street)方面出口から出て、徒歩5~10分ほどの場所にあります。有名なマックスウェル・フードセンター(Maxwell Food Centre)の中です。

 

 

注文したのはこちら。
チキンライス(中)です。S5ドル。

 

サイズを小にすると確かS3ドルほどだったかと思います。
味がしっかりと肉に染み込んでいて、ライスとの相性もばっちり。ソースは結構スパイシーなので辛いもの好きの人はぜひどばっと掛けてお召し上がりください。

 

 

腹ごしらえを済ませたところで、いよいよ探索に出発です。
こちらはスリ・マリアマン寺院。

 

中華街の中にある建物としては、ちょっとインドらしい雰囲気のように感じました。確かこういったものはマレーシアにもあったような気がします。
日本ではあまり見られない建造物なので新鮮。

 

 

地図も何も見もせずに赴くままに歩いていたら、お寺が現れました。中には観光客がたくさんいたので「これは有名なのかも!?」ととりあえず写真を撮ってみたところ、後で調べると有名観光地の一つにもなっている佛牙寺という場所だったようです。

 


 

思う存分シンガポールの中の小さな中国を満喫した後は、リトル・インディア(Little India)に行ってみます。
シンガポールはリトル・インディアをはじめ、チャイナタウンやアラブストリートなど、国際色豊かな場所が多くてわくわくします。

 

 

リトル・インディアで見つけた「Kimono(着物)」。
じっくり見れば見るほど何かが違う・・・。

 

思う存分ウインドウショッピングを楽しみ、次はハーバーフロント(Harborfront)駅へ。ここからセントーサ(Sentosa)島に向かいます。

 

この小さな島にはたくさんのアミューズメント施設が集まっていて、シンガポールのユニバーサルスタジオ(USS=ユニバーサルスタジオシンガポール)があるのもこちらです。

 

今回は時間がなかったこと、そしてさすがにひとりで入る勇気がなかったことで行きませんでしたが、ほかにも見て回れる所はたくさんあるので十分でした。

 

ハーバーフロント駅からは、駅直結のビボシティ(Vivo City)3Fから出ている専用のモノレールに乗ってセントーサ島に入ります。
カウンターでチケット(入島料込)をS4ドルほどで購入すると、一日中モノレールに乗り放題だというのだからうれしいですね。

 

 

チケットがポップで可愛い。
なんだかディズニーランドにでも行くような気分です。

 

 

島の中はこんな感じで芸術味を感じます。
うだるような暑さだったため、流れる水を見て飛び込みたくなるアラサー。
※ ここで泳ぐのは禁止されています。

 

そして、本日の目玉はこちら!

 

 

セントーサのマーライオンです。

 

カンガルーと行く!女子ひとり旅《バリ最終日~シンガポール3泊4日 – 1日目》

 

初日に掲載したマーライオンパークにあるマーライオンが言わずもがな世界的に知れた有名な像ですが、シンガポールには政府が認めたマーライオンが実は5体もあるのだそう。ちなみに2体目は1日目に見たマーライオン(小)。驚きです。

 

そしてセントーサにあるのが3体目。ちなみに本来は夜の景観が素晴らしいとのことでしたが、自分の性格上夜は疲れていて結局面倒臭くなってしまうような気がしたので、まだ元気があるうちに見にきたというわけです。
4体目と5体目はまたほかの場所にあるのですが、今回は時間がないので断念します。

 

 

そうこうしているうちに日も落ちてきたのでベイフロント駅へ戻り、夜のガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。ライトアップされていて、なんだかSF映画で見るような近未来感を覚えさせます。素敵です。

 

 

反対側に見えるマリーナベイサンズもすごくきれい。
ロマンチックなムードに浸りたいカップルにはぴったりの光景です。

 

なんだかんだ、ホテルを出発してからもう8時間。
最終日は空港へ移動するだけなので、本日は早めに就寝しようと思います。

 

シンガポール、暑すぎるのを除けば非常に過ごしやすい国でした! 観光客にとても優しい!

 

追記:

そういえば、結局自由に電車やバスに乗ることができるツーリストパスを2日分購入したのですが、S26ドルでした。うちS10ドルはデポジット扱いで、購入してから5日以内であれば返却されます。
※ ただしチケットオフィス営業時間内でなければ戻ってきませんので、要注意。

 

そのため、実質S16ドルほど。
シンガポールは非常に交通の便が良いため、電車で移動することが多くなると思います。私のようにひとり旅、もしくは人数が少ないときには便利です。

 

Mocha-Travel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です