カンガルーと行く!女子ひとり旅《バリ3泊4日 – 2日目》

0

バリの2日目。
マレーシアの時よりは幾分遅めの7:00AM起床です。

 

滞在しているのは、バリ島の中心部・クタ(Kuta)という地域。本日はすでに余裕を入れていたので、クタの中でもさらに中心部、観光客で賑わうレギャン(Legian)ストリートに向かうため、8:00AMにはホテルを出発します。

 

 

レギャンストリート。

 

ここから乗り合いバスを利用して、ウブド(Ubud)という小さな街へ行ってきます。
今回利用したのはペラマ(Perama)社。車の乗り心地は良いというわけでは決してありませんでしたが、たった1時間~1時間半の旅なので全然許容範囲です。

 

 

ウブドに到着してからまず向かったのは、たくさんの猿が間近で見られる観光スポット、モンキーフォレスト。入場料はIDR50,000でした。

 

オーストラリアで一度コアラを見にフィリップアイランド(Phillip Island)に行った時、「あ、あれ? コアラいなくない?」と騒然としたことを思い出したのですが、値段もそう高くなかったので物は試し! と入ってみることに。

 

そしたら入ってすぐ、いました!

 

 

可愛すぎます。赤ちゃんも一緒。

 

私の心配はどこへやら、どこを見ても猿、猿、猿。まさに猿の楽園。モンキーフォレスト。中ではバナナも販売していて、持っていると猿が一斉に飛びついてきます。

 

私は途中でカメラレンズのふたを落としてしまい、それを拾った時に食べ物と勘違いした猿に飛びつかれかなり焦りました。
仕方がないのでしばらく様子を見ていると、何度かふたを食べようとしていた猿でしたが、やがて食べ物ではないと分かってくれたのかポイッと返してくれました。

 

 

バリ島はちょうどガルンガンという行事が行われる時期だったので、普段ではあまり見られないこんな現地の人々の生活を垣間見ることができました。

 

 

適当に入ったカフェでランチ。
インドネシアのカレーです。ご飯がきれいに盛られていて美しい。

 

 

それから探索してみたり。

 

 

寺院を見学してみたり。

 

 

活気で満ち溢れたマーケット。
ウブドといえば映画作品「食べて、祈って、恋をして(原題:Eat Pray Love)」の撮影地となったことでも有名ですが、それを思い出させる光景です。ちなみに主演はハリウッド女優のジュリア・ロバーツ。

 

一日中歩き回り、心行くまでウブドの地を満喫した後はクタに戻って2日目終了。かなり弾丸トリップとなってしまいましたが、一人で楽しむのであれば十分でした。

 

本当はウブドからさらに北上するとある小さな村で、ライステラスがあるテガララン(Tegalalang)にも行ってみたかったのですが、それはさすがに時間が足りませんでした。もし次にバリに来る機会があれば、今度は宿泊コースにしたいと思います。

 

Mocha-Travel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です