Malaysia Travel

カンガルーと行く!海外女子ひとり旅~マレーシア3泊4日編 – 1日目~

Kia Ora!

 

ついに2年間のワーキングホリデー生活も終わり、本日飛び立ちました。

 

そして実際に日本に帰国するまではあと約2週間半。アジアを1人で旅して帰ろうと思います。人生初のバックパッカー旅です。わくわく。

 

まず最初の目的地はマレーシアはクアラルンプール

 

 

カンガルーと共に旅に出る

上記の写真はメルボルンを出発する時の飛行機の中で撮ったもの。今回は記念として先日購入したカンガルー氏と旅をしてきたいと思います。「ジュニア」です。(私の分身という意味。安易?)

 

そして約8時間半という思いの外長いフライトの末、到着!

 

 

地上に降り立ったらこんな広告がお出迎え。初バックパッカー旅というだけでなく、初めてのアジア旅行ということもあり、こんなのを見ただけでマレーシアっぽさを感じます。

 

携帯ショップで初のお買い物

 

 

海外旅行に出るときに何が必要かといえば、連絡手段。私の場合はマレーシアで連絡を取らなければならない人もいなかったのですが、とりあえず人生初のバックパッカー旅。勝手が分からないので、インターネットだけは使えるようにしておきたいと思い、SIMカードを買うことにしました。

 

全ての手続きを終わらせて出口から出ると、目の前にちょうど「HotLink」という携帯ショップが。たった3泊の旅ということもあり種類などは大して気にしていなかったので、スタッフのお姉さんに話しかけます。

 

「旅行で来てるんだけど、ちょっとだけ使えるヤツとかって売ってる?(大雑把)」
「うん、あるよー。これだと平日1GB、休日は2GB使えるー」
「うーん。1GBだと足りるかちょっと不安…」
「じゃあちょっとグレードアップさせて、2GB+4GB Youtubeのは? 今プロモーションでもう1GB付いてくるよ!」
「じゃあそれで!」

 

適当すぎる会話の末、無事購入。Youtube分の容量が別途ついてくるというシステムはなんだか斬新。トータルでRM40でした。日本円にすると大体¥1,000ぐらい。

 

出費を抑えつつホテルに

ホテルに向かうために、まずはKLセントラル駅へ。いろいろなブログを見ていると特急電車(KLIAエキスプレス)で市街地まで出ている人が多いようでしたが、私は今回、1人旅ということで時間に融通が利くというのと、出費をできる限り出費を抑えるためにスカイバスに乗りました。

 

恐らくRM12.00ぐらいだったはず。スカイバスだとKLセントラル駅までおよそ60~70分ほどで到着します。

 

それにしても…当然かもしれませんが、クアラルンプール、暑い! しかしバスの中は寒い。これは外が暑いからと油断せず、移動のときには一枚羽織る物が必要かもしれません。

 

バスはほとんど満席状態で、道中ずっと隣に座った中国人のおじさんが話し掛けてくるという。どうやら日本に行ったことがあるようで、その時の話をしきりにしていたのですが、失礼な話、外見がちょっと怪しい感じの人だったのでひっそり警戒。

 

しかしバスが停車したらあいさつもそこそこに駆け下りて行ったので、「疑ってごめんよ、おじさん…!」と心の中で謝罪し、私も後に続きます。

 

 

続いて、今度はモノレールへの乗り換え。

 

 

こちらは、日本でいうところの切符のようなもの。トークン(Token)というプラスチック製のコインを購入します。

 

使い方はシンプルで、SuicaやIcocaのような要領で、改札口でピッと機械にかざし入場。出るときには自販機のコイン投入口のような場所に入れて通るだけです。

 

同じアジアでも国が違うと何もかもが違いますね。

 

本来はKLセントラル駅からモノレールが出ているのですが、なぜだか途中迷ってしまって、1駅分歩くはめになってしまいました。取り急ぎ、壊滅的な方向音痴をどうにかしたい次第であります。

 

そして本日の滞在先であるホステルの最寄り駅、インビ(Imbi)駅に到着!(RM2.80)

 

ホテルの部屋は安くて広かった!

 

 

予算の関係でかなり安めの場所にしましたが、料金の割には広々としていて良い部屋。何より対応してくれたスタッフがフレンドリーでとても良い感じでした。

 

しかも1人ステイなのにツインの部屋です。ホステルはタイムズスクエアの真後ろにあり、KLセントラル駅からもモノレールで4駅ほどと絶好の立地!

 

ディナーを済ませ、おやすみなさい

長時間フライトと慣れない土地での第一歩に良い感じの疲れを感じていた私。部屋で休息を取ってから、ディナーと散策を兼ねて街へ繰り出すことに。(そういえば朝から何も食べていなかった!)

 

初めての土地というのと夜の時間帯だったということもあって少し緊張しながら歩いていましたが、マレーシアの中心部は20時程度ならまだ人で賑わっていて、基本的な注意を払っていれば1人で歩いていても平気かなという印象でした。

 

そして初日なのにもかかわらず空腹のあまり、マレーシア料理でも何でもない夕食を済ませ、それからホステルの目の前にあるタイムズスクエアに入ってみることに。

 

 

ちょっとがらんとした夜のタイムズスクエア。

 

すでに閉まっているお店も幾つかあったのですが、きっと昼のピーク時などは人で賑わっているのでしょう。そしてとてもきれい。海外でよく見かけるおしゃれな店舗ばかりが立ち並んでいました。

 

 

この階段、柄がピアノの鍵盤になっているだけでなく、歩くとちゃんと音が鳴る仕様なのです。おしゃれ! 子どもとか喜びそうですね。

 

その後はスーパーマーケットのような食料品店に立ち寄って、水や小ボトルのシャンプーなどの日用品を購入。

 

 

このビニール袋は、途中コンビニに寄った時のものです。マレーシアの食料品店では、入店するときに外からこういった袋を持ってくると上の口を留められるよう。防犯対策でしょうか。

 

そしてしっかり2時間にわたり散策を満喫し、良い具合に疲労感を覚えた22時頃ホステルに戻って来て、今はだらだらとしています。部屋にクーラーはないですが、扇風機が付いているので快適です。

 

まとめ:英語が話せれば何とかなる

オーストラリアでの2年間を終わらせて、初めての海外バックパッカーというのは自分にとってそれなりに大冒険。特にアジア圏は今までに足を踏み入れたことがない未知の世界だったのでどうなることかとドキドキしていましたが、マレーシアの場合は英語が話せれば全く困らないということを学びました。

 

これからの旅も楽しくなりそうな予感。

 

Ka Kite Ano!:)

 

▲記事トップに戻る

  ブログランキング・にほんブログ村へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です